私の韓国ツーリング2006

韓国ツーリング総まとめ

生まれて初めて今回海外ツーリングなるものを経験した訳ですが、やはり「案ずるよりも生むが易し」という印象を強く持ちました。行く前からあれこれ心配してしまう気持ちは分かりますが・・・・・(笑)、たとえば言葉の問題ですが、まったく話せなくてもちょっと乱暴な言い方ですが、なんとかなります。要は相手に何か伝えたい・・・・という真摯な気持ちがあれば相手も汲み取ってくれますね。HOTELの交渉、レストランでのメニューオーダーの際も2〜3回目からはもう落ち着いて気持ちや考えを伝えられるようになりました。この経験はきっと将来のヨーロッパツーリングでは生きると考えています。また、韓国の方で英語を話す方も見かけました。世界の共通語である英語は・・・・海外を走ろう・・・・と考えている方はもう必修と思います。私もなんとか、もう少し日常会話程度はスラスラ話せるようになりたい・・・・と考えています。

今回、事故もなく行きたいコースはほぼ行けて貴重な経験をしたなあと思っております。韓国は・・・・まあ、1番のネックは交通事情かなあ?と思いますが、それ以外では快適でした。出合った方々は例外なく好意的で親切でしたね。GSで道を聞いてもいやな顔もせずに一生懸命道を教えて頂きました。「困ったことがあれば何でも言って下さい」とまで言われてしまって今回韓国にツーリングに行って一生の想い出に残るツーリングになった・・・・と思っております。そんな私の韓国ツーリングのノウハウなどや今回のツーリングの総まとめをここにご紹介します。

■出発前の資料集め

韓国観光公社で貰った
地方別の地図。

一応韓国全部のを頂きました。
随分役に立ちました。


下の地図が持参した昭文社80万
のおおまかなものです。

ツーリングではブルーガイドの「韓国」ガイドブック、
昭文社の「韓国語」の本を持参しました。

名古屋の韓国観光公社へ2005年の暮れに出向いて資料を頂いてきました。スタッフの皆さんは普段の会話は韓国語でTelがかかってくると「もしもし〜〜」と日本語。(笑)変わり身の早さに驚きました。部屋の中には大きなぺ・ヨンジュンやチェ・ジウのパネルが飾ってありました。ここで韓国のガイド本や地方別の観光地図などがなんと無料で頂けます。韓国ツーリングを考えている方は一度行く価値があると思います。

http://japanese.tour2korea.com/

■装備

出発前は万が一にも宿が無い・・・事があるかも知れないと考えてキャンプ道具を持参しましたが、思い過ごしに終わりました。
小さな町にも宿はありました。どうでしょうね?次に行くならFバッグ+着替えの入ったデイパックで充分かな?と思いました。

■Fバッグ

○すぐに出す必要があるもの

地図、ガイドブック、韓国語の本、洗面具、スペアチューブ×3本、パンク修理キット、工具一式、サブカメラ(CONTAX)、フィルム(36×6本)三脚、携帯ラジオ、予備電池(デジカメ用単3×6本)、単3用充電器、韓国用充電アダプター(Cタイプ),Fバッグ用雨カバー(モンベル)、ゴアテックスレインハット(モンベル)、
ヘッドランプ自転車用ロック・・・・・・など

※写っていませんが、メインカメラはSONYサイバーショットDSC−W1です。
メモリーは256MB、これ1枚でOKでした。

■FサイドバッグR

○主にキャンプ道具(寝るだけ)

3シーズン用シュラフ(モンベル)、2人用テント(ダンロップ、)ポール、ペグ、下敷き、サイドバッグ用雨カバー×2(モンベル)、山用ゴアテックスセパレート雨具上下(モンベル)


※写っていませんが、銀マット1m×1mを2枚、チェン用オイル、ウエスを持参しています。

■FサイドバッグL

○主に着替え類

下着×5、長袖ポロ×2、半袖ポロ×1、Tシャツ×5、短パン×2、長ズボン×1、ニッカーズボン×1、ソックス×5、ニッカー用長ソックス×3、ポンチョ・・・・など

■ウェストポーチ

○主に貴重品ですね。

パスポート、海外旅行傷害保険証、円用財布、ウォン用財布、メモ帖、
電卓、デジカメ用予備メモリー(128MB、32MB)・・・・など,

■いくらかかったのか?

○国内
     交通費      鈴鹿〜下関往復 JR約\34000
                    昼食×2     \ 2000
            下関港ターミナル使用料    \  600
            下関〜釜山フェリー往復    \17100
                フェリー内夕食×2     \2000
                 自転車手荷物料    \1000                          TOTAL: \56700

○韓国
                HOTEL代 TOTAL:325000W
    食事、喫茶費1日約20000W×13日=260000W
    観光                 釜山タワー 3500W
                         石窟庵  4000W
                          バス  2200W
                        タクシー 10000W
              釜山港ターミナル使用料  2200W
                 自転車手荷物料  10000W               TOTAL: 616900W=約\75138

■総TOTAL=\131838でした。

※2006年8月1日より関釜フェリーは燃料費高騰に付き燃油特別付加運賃を 下関港=\300、釜山港=3000W別途徴収になります。

■どんなトラブルがあったのか(ハード)

ツーリングをするに当たって自転車のトラブルは小さなものでも案外困ることが多いです。参考にして下さい。

■Fバッグベルト取り付け外れ

5/14修理済→

■Rチェンジプーリー割れ
Simplexですが、どうも材質が良くないようです。使用している2台とも割れました。

Shimano Dura-Aceに交換済→

■Rサイドバッグ外れ
クイックシステムの宿命?簡単に取り付け出来るのは・・・・簡単に外れる・・・ということですね。

1時的に針金で縛っています。原因は・・・・
○スプリングが弱い(すぐへたる)
○引っ掛けが浅い
○たとえばモンベルの製品のようなロック機構がついていない

対策は・・・・
○スプリングを強いものに交換
○もともとついているベルトを1本締める

・・・・・ということで解決しました。

■デジカメの充電のこと

韓国の電気は220V、60Hz、コンセントはCタイプです。今回、交換用単3電池は全部で8本持参しましたが、4本の使用で計260枚ほど撮影して充電は不要でした。

充電アタプターCタイプ。これで韓国で充電可能になります。

■エピローグ

今回の韓国ツーリング最大の目的は・・・・・・・
そう、近い将来、念願のヨーロッパ、カナダ、オセアニアなどの海外ツーリングの前のトレーニングとして最適かなあ?と考えました。近いし、物価も安い、治安も比較的良い、そして私の周りにはまだ自転車で行った方がいない・・・・ということも理由の一つですね。まあ、私自身まだ韓国に行ったことがない、というのがやはり1番の大きな理由です。一番近い外国ですし、今はビザなしでフェリーで気軽に安く行けます。どんな国、どんな景色でどんな人々が住んでいるのだろう・・・・という興味は大いにありました。行くと決めた頃より例の竹島問題が出てきてちょっと不安になりましたが・・・・・?

竹島問題ですが、まあ、あれは韓国の方も言っていましたが、政府間の問題であって、我々一般庶民の間ではそう心配に値するほどの問題でもない・・・・と考えていました。実際に行って見てその通りでした。心配した反日感情もなく、割れたプーリーを親身になって探して頂いたり、洗濯もして頂いたり、道を熱心に教えて頂いたり、行ってみて本当に良かった、良い経験をした・・・・と考えております。今回で前回の北海道ツーリングでは現れなかった700Cキャンピングの弱点などいろいろ分かりまして対策も施し、以前よりも完璧になり、完成度は上がった・・・・と思っております。来たるべき次のツーリングの計画もまた1段落したら考えよう・・・・と思っております。書庫に全世界の地図帳がありますが、今や20万くらいで世界中のどこにも行ける時代です。
次のターゲットはどこか・・・・・?その地図帳を見て考えるのも楽しい一時ですね。まだまだ・・・・・私の知らない素晴らしい世界があります。人生これからだと思っております。最後まで見て頂きまして有難うございました。

※今回の「私の韓国ツーリング2006」を見て韓国に行こう・・・・と考えておられる方もひょっとして見えるかなと思いますが・・・・?状況は刻々と変わっております。データーは参考程度とし、ご自分で確認お願いします。

2006.5.27