1997  TOEI  Special  Sportif

No 20

さて、今回ご紹介する車は過去に何回かNC誌に登場したことのある、有名な車です。一目見てお分かりのように、スポークで組んだチェ−ンホイールが一際目に付きます。オーナーはご存知、「軽合金の魔術師」の異名を誇るKAWAKAMI氏です。今回のこの車もヘッドランプにその実力が遺憾なく発揮されております。
そもそもこの車を作ろう・・・・・と思ったきっかけですが、丁度この年(1997)はポリーでテーマが「TOEI」ということで、いかにもTOEIらしい凝った車、それでいて、自分の最も得意とする、軽合金部品の加工や、優勝を狙う為には皆さんが誰もやったことのない、「あっ」と言われる工作加工がどうしても必要・・・・という訳で、このTOEI Sportif、またスポーク張りのSpesial チェーンホイールが誕生したと思われます。
今回のTOM2006で実際にこの車を拝見する機会があり、取材を申し込んだら快く快諾して頂けました。それではこのSpecialなTOEI Sportifをお楽しみ下さい。取材を快く快諾して頂いたKAWAKAMI氏に感謝します。

SPECIAL THANKS: KAWAKAMI SHIN-ICHI氏

この車の一番特徴的なスポーク張りチェーンホイール。

どうやって組み立てたのか、詳しい取材は出来ておりませんが、
驚嘆に値する工作だと思います。

クランクはStronglight49D、リングはSimplex,歯数は50×45、
スポークは36本、一部ハブ部品使用しているように見受けられます。

FメカはCampagnolo Record,チェーンは報国ステンレス。



リヤメカ付近。

リヤメカはCampagnolo Gran-Sport。
アジャスター付きのものです。

ハブはイタリア、ニュッティ(GNUTTI)。
聞き慣れないメーカーですが、昔から有ったようで、このハブはいわゆる継ぎハブになっています。

フリーはREGINA EXTRAの歯が軽合のもの。

クイックはSimplex。

サドル付近。

サドルはお馴染み、IDEAL♯90軽合ベース旧型。

ピラーは1本ピラーでIDEALのヤグラ金具を使用しています。

ブレーキはMAFAC TOP63。
テールランプはJOS−FCD。

写っていませんが、ポンプはAD-HOC Special
Course。

スポーク張りのチェーンホイールが印象的なKAWAKAMI氏のSpecial Sportif。色はブリティッシュ・グリーンのような落ち着いた緑。

後ろブレーキ付近。

ブレーキはMAFAC TOP63。
チドリやシートピンの所のアウター受けはTOEI製ではなく、
KAWAKAMI氏のオリジナル。

テールランプはJOS FCD。


チラッと見えているダイナモはJOS Type-P

ヘッドライト。


正にKAWAKAMI氏の面目躍如のショット。
JOS431Cのステーのガード直付。
(KAWAKAMI氏オリジナル工作)

これを見ただけで、彼の非凡な才能がお分かりと思います。

※TOEIではこの工作はやっておりません。
ヘッド付近。

バー、ステムはGB。

ヘッド小物はStronglightV4。
ヘッドラグはNervex。

良く見ると・・・アウター受けもTOEI製とは違います。
ヘッドマークはお馴染み鹿のマークのSTAG。

タイヤ・リム。

タイヤはClement paris-Roubaix。
リムはMAVICの旧タイプ。

ボトルケージ。

良く見ると・・・・・何と!!
TOEIマークになっています。いかにも彼らしいアイデアだと思います。


当日は装備しておりませんでしたが、ボトルはコロラルです。
チラッと見えているペダルはCampagnolo Pista。
クリップはAFA、ストラップはビンダ(ビアンキのチェレステ色仕様)

フレーム Tube:Reynolds531
lug: Nervex
size: 545mm TOP:530mm
ハブ GNUTTI
ブレーキレバー MAFAC
ブレーキ MAFAC TOP63
ヘッド小物 Stronglight V4 ハンドルバー GB
Wレバー Campagnolo バーテープ Cotton
Fメカ Campagnolo Record ステム GB
Rメカ Campagnolo Gran-Sport ベル Universal
クランク Stronglight49D サドル IDEAL♯90
チェーンリング KAWAKAMI original ピラー TOEI
ペダル Campagnolo Pista ヘッドランプ JOS 431C
クリップ AFA テールランプ JOS FCD
ストラップ Binda Bianchi color ダイナモ JOS Type-P
フリー Regina ボトル Coloral
チェーン HKK ボトルケージ KAWAKAMI original
タイヤ Clement Paris-Roubaix ガード TOEI
リム MAVIC ポンプ AD-HOC Special Course
スポーク Stainless ♯15 アウター受け、チドリ KAWAKAMI original

1997  TOEI Special Sportif  仕様表

編集後記

今回、ご紹介のKAWAKAMi氏ですが、ホットなサイクリストの一人であると共に、他の誰もまねが出来ない、アルミニウムやチタンの加工、溶接が得意な技術者でもあります。そうですね、私が最初に見た、この車以外にクランク(Stronglight49D)がステムのエクステンション、MAFAC RacerブレーキアーチがTOP63風(?)MAFAC RaidがTiger風(?)になったものとか、もう何か、魔法でも見ているかのようでした。(笑)今や押しも押せされぬこの分野では第一人者と言う訳で仕事の引き合いも多数あり、引張りダコのようで、何かと忙しくしておられます。

それにしてもこの車は目立つ車で、TOM2006でも人だかりが絶えませんでした。私も目の前でこの車をじっくり拝見させて頂いたのは多分、初めてだと思います。チェーンホイールをスポーク張りという、まだ誰も考えたことがない事を考え実行し、しかも実用に耐えるレベルまでに仕上げるというのには驚き以外にありません。これはまだ見た事がない方々にも是非ご紹介するべきだなあ・・・・と考えまして取材させて頂きました。快く応じて頂いて感謝しております。この場をお借りしましてKAWAKAMI氏にお礼申し上げます。

2006.12.1