今回でキャンプオフは確か4回目になると思います。最初は五條バンガロー・カルディアさんで2回、去年は大黒屋さんの地元鴨池キャンプ場、で今年はまた場所を変えて笠置キャンプ場としました。キャンプ場は本当に多くあって、スタイルや立地条件、お値段などもいろいろバラエティーに富んでいます。私が選ぶ際の基準ですが・・・・・・@常連さんがキャンピング車で走って来られる距離、A一番重要?ですが・・・・安い事、B直火OK、設備は水道、トイレがあればOKですね。・・・・・大体こんなところです。大多数のキャンプ場はオートキャンプ用で電源も付き、区画が仕切ってあって、非常に高いですよね。我々の求めているキャンプ場とは違うキャンプ場が大多数です。今回の笠置キャンプ場は@安い、A広い、B区画なし、C直火OK、DJR駅の真前、・・・・と好条件が揃っていて、即決しました。やって良かったです。それではレポートをお楽しみ下さい。

■実施:2007.5.12〜13
■場所:京都府・笠置キャンプ場   1泊\600

■参加者:泊まり=cancanさんUGの兄♭♭♭氏、らんぐざぁむさん、tatsumiさんさん、akuta 計5人 日帰り=子囃子さん、
ゲスト:まえださん天神橋5丁目さん 

■キャンプ前のポタリングの様子です。

本当はキャンピング車で行けば一番良いのですが、テーブル、イス、タープなど運べないので車で行くことにしました。せっかくですのでパスハンターで近所を散歩することにしました。明日は柳生街道でも・・・・・・

朝の笠置キャンプ場です。まだ人は少ないですね。

伊賀街道岩脇のあたり。昔の風情が残っていますね。

加茂の町並みです。凄いですね。往時の面影が・・・・・・・

のどかな当尾の里。まずは・・・・・浄瑠璃時を目指しました。

浄瑠璃時山門です。懐かしいですね。何年ぶりかな?

美しい三重の塔。紅葉の頃は素晴らしいでしょうね。→

美しい庭園と池。向こうは本堂ですね。

このあたりで後ろから何か異音が。プーリーが割れていました。

こちらも有名な岩船寺。拝観料は\300。

山門の前には十三重の塔が・・→

岩船寺の三重の塔。やはり美しいです。

こちらは岩船寺本堂です。

■いよいよ本日のメインイベント、キャンプの始まりです。

cancanさん、らんぐざぁむさんに手伝ってもらってタープを立てました。これ・・・買って2回目の使用です。そこへtatsumiさんが。

cancanさん、前夜から仕込んでいてくれていたそうです。感謝!!
でもっておいしそ〜〜〜〜〜〜〜!!

子囃子さん、UGの兄♭♭♭氏が到着してメンバーが揃ったのでさあ、始めるよ〜〜〜〜〜!!

やはりキャンプといえば焼肉ですよね。おなじみみさきやさんの焼肉でこれはボツ焼きです。今回も大好評〜〜〜〜〜っ!!

あたりが暗くなってきて雰囲気が出てきました。

さあ、cancanさんの特製おでんです。ウ〜ン、美味しそう〜〜〜!!

←どれどれ、ワシの作ったおでんは・・・・・・???

こちらはUG兄♭♭♭氏作のこれまた美味しかったカレーきしめん
です。

美味しい物を沢山頂いて話も弾みます。

そうそう、cancanさんは特製おでん、tatsumiさんはビールや薪、家でとれたいちご、UGの兄♭♭♭さんはカレーきしめん、ぶどう、らんぐざぁむさんはワイン、子囃子さんは焼豚、まえださんからもお菓子の差し入れ等頂きました。ありがとうございました。


tatsumiさんのビールも沢山あり、空のビール缶が沢山並びました。いや、愉快ですよね。年に1〜2回くらいはこうやって愉しみたいですね。

子囃子さんが帰られるというので記念撮影。キャンプ場のすぐ後ろは駅になっております。cancanさんは撮影中もモグモグ。
(笑)

子囃子さんはPM8時過ぎに帰られました。お気をつけて〜〜

さあ、いよいよメインのキャンプファイヤーです。

キャンプファイヤーは不思議な魔力があります。

ゆらゆら燃えている火を見ていると・・・・・何か不思議な気持ちになりますね。で他愛ないお話に花が咲きます。

らんぐざぁむさんのドイツ語講座、tatsumiさんのヨーロッパ遠征話、cancanさんの道路元標収集苦労話、はたまたどこそこ行こうか・・・・?という相談話、私も去年の韓国ツーリングの話など致しました。(笑)


日常を離れて、こういう気におけない仲間と過ごす時間はとても大切で貴重だなあ・・・・・と思います。

そうそう、この薪ですが・・・・tatsumiさんがわざわざ持って来た柱材を薪割りして頂いたものです。有難うございます。

翌朝6時頃。皆さん、まだ寝ています。

7時過ぎに朝食を頂きます。tatsumiさんがご飯を炊いてくれました。モーニングコーヒーが美味い!!

tatsumiさんの工具箱からこんなモノが・・・・・ヒッヒッヒ・・・・・(笑)UGの兄♭♭♭氏と山分け。Campagnoloの直クイックレバーです。

大阪から天神橋5丁目さんが陣中見舞いに来て頂けました。
有難うございます。

恒例・春のキャンプ2007in 笠置

自走・キャンピング仕様車で参加の方々。

いや、本当は私も自走で参加の予定・・・だったんですが。私も手前味噌ながら伝統的TOEI700C4サイドキャンピング車を所有しております。

もう今は昔ながらの伝統的な4サイドキャンピング車は全然見かけません。今本当に危機的な状況にあり、絶滅を危惧しております。


この車の中でUGの兄♭♭♭氏の1959製TOEIブルーバードは貴重な車です。今日本では何台も残っておりません。参加者の方々は間近で見られて非常にラッキーだと思います。スギノダイナホロークランク、TOEIオリジナルブレーキ、同チェンジ、(三光舎F1改造)三光舎2号ハブ・・・・など。当時はまだ海外部品輸入が始まる前で全部国産部品でまとめられています。

編集後記

このキャンプでは現地集合現地解散と言うスタイルを取っております。集合は一応3時頃・・・としておりますが、夜8時頃でもOKですし、日帰り、寝る時間、起きる時間、帰る時間もその人の自由・・・・としています。かなり自由度の高い「大人の」キャンプ・・・・にしているつもりです。
また車で来ても良いし、本格的キャンピング車でもOK、参加の条件はまあ、ほとんどありませんが、しいて言うならば何か一つ、料理なり、飲み物など持参して頂くだけ・・・・です。(笑)出来るだけ安いコストで最大限の愉しみを味わって頂こう・・・・と考えております。付近には愉しいサイクリングコースも無限にあります。当尾の里や柳生街道など見所もあります。ここは良い場所なので何回か開催すると思います。今回、好評だったので、また秋にでも行う事を考えております。今回参加できなかった方々も次回は是非参加をして頂きたいなあ・・・・・と思っております。最後まで見て頂いて有難うございました。

■キャンプ2日目の様子です。

2007.5.16