霊仙東尾根作業道を往く

この辺はまだ締まっていますが・・・・・???

尾根の真上でほぼ水平、長さも20km以上、景色も良いパノラマ林道です。最近に無くコーフンしてしまいました。(笑)

この辺はまだ舗装。紅葉が始まっていました。

正式な名前はまだないようで、「霊仙東尾根作業道」は仮の名称です。正式な名前が分かったら書き換えます。この林道、もう10年以上も前から気になっていて1度走ったのですが、途中で道が終わっていて撤退を余儀なくされました。あれから10年、何気なく買い換えた道路地図帳を見ていたら・・・なんと道が全部つながっていました。最新の2万5千地形図ではまだつながっていません。もうあれから10年なので多分完成しているだろうとの読みで11日の休日に走ってみました。そうしたら・・やはり道は完成していて予定していたルートを走ることが出来ました。しかしながら・・・・私は当日作業している方から道を聞くことが出来ましたが、このルート、分岐が多数あります。道を間違えて違う谷なんかに行ってしまったらリカバリーは困難です。最悪ビバークになってしまいます。このレポートを見て行く気になった方は万全の準備をして明るい内に帰られるように祈っております。

■走行:  2008.11.11
■走行ルート:  緑の村公園P〜堂之上〜幾里林道〜霊仙東尾根作業道〜萩原林道〜牧田〜R365〜緑の村公園P     走行距離: 約36km
■2万5千地形図: 霊仙山、篠立
■出発:AM9:15   帰着:PM16:15

■推奨車種: 35mm以上のタイヤのランドナー、パスハンター、MTB

ゲートがあり、幾里林道は終わって「作業道」になります。

写っていませんが、東側は凄い景色です。

←だんだん開けてきました。

この道はあまり整備されてないようでした。ガードレールが・・・・

←ほぼ水平、快適に走って行けます。

堂之上にて。この山は烏帽子岳(865m)

Pは上石津町緑の村公園駐車場です。

■ルートマップ

編集後記

サイクリングやっていて1番気持ちの良い道はやはり尾根上の道ではないでしょうか?過去には、信州ビーナスライン、天竜スーパー林道、御池山林道、近畿では吉野大峰林道など行きましたが、天気の良い日は絶景で忘れられない良い想い出となります。今回の「霊仙東尾根作業道」も典型的な尾根道でいや、素晴らしいです。で貴重なのはまだあまり知られてなくて一般的でなく、人があまり入ってないという点です。オフロードバイクもまだ来ていません。行くなら今のうちですね。尾根上は水場も無いので水、食料は持って行って下さい。またメカ関係でトラブルと面倒なので自転車の事前の整備は念入りに。路面は後半は荒れています。パンク修理セット、スペアチューブも必携です。それではこのレポートを参考にして尾根上のサイクリングを愉しんで欲しいと思っております。

Pまで10km、PM4時過ぎに到着。

R365はここに出てきました。関ケ原へ行く途中の場所でした。

牧田地区萩原の集落です。オ〜〜〜〜〜!!完走しました!!→

こちら側の林道は「萩原林道」となっていました。

もうすぐ牧田です。どうやら着けそうです。良かった!!

ここは左に曲がって「萩原」方面に行きます。重要箇所です。

180度Uターンの場所。向こうから来て折り返します。→

向こうに牧田地区が見えています。

当日の私。久々のパスハンターです。

道が・・・・陥没していました。落ちたら大変な事に・・・・

タイトル写真の場所。この辺が霊仙東尾根作業道のほぼ中間地点。ここでお昼にしました。右に617mピークが見えています。正面は伊吹山。

落ちないように注意して下さい。

第2の分岐。ここは道なり(右)です。上手い具合に向こうから車が来て道の様子が聞けました。

最初の分岐です。ここは4交差の十字路になっています。作業道は東側(右)を行きます。

■幾里林道〜霊仙東尾根作業道

さらに幾里林道へ。ここはまだ舗装です。

西山への分岐を左に曲がります。

養老カントリークラブの分岐を右へ曲がります。最初はちょっときつい坂です。

■プロフィールマップ

■霊仙東尾根作業道〜萩原林道〜牧田〜緑の村公園P

ここは左に行きます。直前に作業している人から聞いて助かりました。ヨカッタ〜〜〜〜!!まあ下って行っても帰れますが・・・・
















(630m)



■上石津町緑の村公園P〜幾里林道

2008.11.13