爽やか初夏のキャンプ・吉野川のほとりにて

キャンプとは・・・・おおむね真夏に行うものであり、7月〜8月しか開かないキャンプ場も未だにあります。真夏に何回か行った事がありますが、暑くてテントの中は蒸し風呂、虫は多い、熱帯夜なんかになったらもう地獄ですね。そこへ行くと・・・・・5月あたりは快適そのものです。虫はいない、夜は涼しい、キャンパーもそれほどいない・・・という言う訳でもう以前からこの時期にキャンプを行うようにしています。

今回は去年キャンプに同行されたcancanさんの調子が今一で今シ−ズンはちょっと走っていない・・・・ということで皆さんでなんとか励まそう・・・・と言うサブタイトルもつけて行おうかなあ・・・・と考えました。
さらに・・・・・前回はキャンピング車所有の方・・・・と限定した為に参加者が少なくなってしまい、(3人だった)なるべく多くの方に参加して頂いた方がより楽しいだろう・・・・と言う事で今回は何でもOKとしました。
自転車で参加の方の方が少なかった?ですね。それではどんなキャンプだったのかレポートをお楽しみ下さい。

■5月28日〜29日 1泊2日
■場所:奈良県五條市 バンガローカルディアキャンプ場
■参加者:ナワ〜ルドさん、UGの兄♭♭♭氏、大黒屋さん、ジャパダカさん、九度山人さん、cancanさん、
辰巳御大さん、児玉さん、oookaさんとそのご子息、レオナルホドさん、NBsan, akutaの合計13人


大宇陀を出発し、上市付近にて 古風な醤油屋です。

ありゃま〜〜!!新しくなっていたカルディア
キャンプ場。驚きました。

既に何人かの方が到着していました。

飲んで食べて・・・・・いや、超愉快ですね。(笑)

炭の火付けにちょっと苦労しましたが、なんとか
成功。肉に野菜、どんどん焼きます。


ジャパダカさんからご提供の高級メロン。昔は
病気して入院しないと口に出来ませんでした。

UGの兄♭♭♭氏ご提供の大きなシュークリーム。クリームがギュっと詰まっていました。

これがメインエベント・・・・かな?キャンプ
ファイヤーです。

他愛ないおしゃべりがとても・・・楽しいですね。

フラッシュを焚いているので明るいですが、本当は火だけのほのかな明るさです。

レオさんも・・・・とても楽しそうですね。

早朝の清清しいキャンプ場の朝の様子。何人かの方がもう起きています。モーニングコーヒーがとても・・・・美味しかったです。BGMはやはりNHK「バロックの森」が最高!!かな。

ぼつぼつ皆さん起きてきて朝食です。

ありゃ、UGの兄♭♭♭氏はおしゃれにも・・・
トーストですね。

テントも各人各様です。手前のところでキャンプファイヤーをしました(^0^)

2台の伝統的クラシック・キャンピング車。
今ではなかなか見られない貴重な絵です。

4台の伝統的キャンピング車走行の図。ウ〜ン、昔はね〜〜〜ごく普通の風景だったのですが・・・・?
いや、それにしても20〜30年前にタイムスリップしたみたいですよね。

4台のキャンピング車で記念撮影です。
(提供・レオナルホド氏)

UGの兄♭♭♭氏のキャンピング車と2ショット。

メンバーも揃ってきてそろそろパーティー
を始めます。用意OK?

最後に全員で集合写真を撮ります。朝、輪童さんが来られまして14人写っております。
どうでしょうか?皆さん食べ過ぎてこの時体重2〜3kg多くなっているのではないでしょうか?(笑)

編集後記

いや、今思い出してもなかなか楽しくて充実したキャンプではなかったか?と思っております。これは一重に参加者皆さんのご協力がないとなかなか出来るものでは有りません。大黒屋さんの鯖寿司やカステラ、ジャパダカさんの高級メロン、辰巳御大さんのいちごや野菜、UGの兄♭♭♭氏のシュークリーム、ナワ〜ルドさんやNBsanの焼肉の買出しなど・・・・・(書いていない方すみません)ご協力感謝します。

満腹になったところでメインエベントのキャンプファイヤーです。火を起こし、夜空の下で星や月を見ながら
他愛もない話に花を咲かせます。日常では絶対に有りえない貴重な体験だと思います。アルコールやお茶など頂きながら・・・いや、とても楽しいですね。時間はあっと言う間に過ぎて行きました。でこれからが・・・本番って方も見えますね。大きなテントに集まってまたまた今度は趣味の話です。オーディオやCDなどの話など・・・・いつまでも話題は尽きません。こうして・・・・楽しいキャンプの夜は更けて行きます。ここのキャンプ場ですが、吉野川が近く、カヤック遊びも勿論可能です。リクエストがあり、来年もまたやりたいなあと思っておりますので・・・・良かったら参加の程よろしくお願いします。

2005.6.1

着火は少し苦労しました。無事点いてホッ!!
(撮影:レオナルホド氏)

cancanさんの早期回復を願ってカンパ〜〜イ!!
(撮影:レオナルホド氏)