伊勢参宮本街道・飼坂峠を越える

この所、旧街道ばかり行っておりますが、(笑)このプランもう随分前から暖めていて、資料も何年も前から集めております。いつかは大阪・玉造神社からスタートして、伊勢神宮内宮まで全行程行きたく考えております。今回のランはどこか日帰りで面白い、しかもまだ行っていないところはないかなあ・・・・・と考えておりました。良く考えて見ると・・・・・まだ名松線というのは1回も乗ったことがない、これに乗って輪行で面白いコースはと言えば・・・やはり今回の飼坂峠越えかなあ・・・と考えました。時刻表を見ると名松線は1日8往復、1番は松阪7時半あたりですので次の9時半あたりので行くことにしました。伊勢奥津着11時前、約40km走って松阪PM5時あたり・・・?随分ゆっくりしているように見えますが、旧街道サイクリングでは大体1日30〜40km程度に私は抑えています。資料館を見たり、写真をいろいろ撮ったり、関係する所を見たり・・・・・していたら大体前記のような距離が精一杯です。今回も大変愉しい旧街道サイクリングになりました。それではレポートをお楽しみ下さい。

■走行:2007.5.9
■コース:伊勢奥津〜伊勢参宮本街道〜飼坂峠〜上多気〜峠〜上仁柿〜下仁柿〜波田瀬〜下出〜和歌山街道〜松阪       走行:約40km

伊勢参宮本街道 飼坂峠にて

■松阪〜伊勢奥津〜飼坂峠〜上多気

初めて乗る名松線・松阪駅9時半発の伊勢奥津行きです。

伊勢奥津着10:42。駅は随分きれいになっておりました。

旧街道沿いの尾張屋さん。昔は旅籠だったようです。

こちらは雑貨屋さん風。おばさんが話しかけてきました。「自転車ですか?大変ですねぇ。」

左に名松線が見えております。素晴らしい風景の中を行く伊勢参宮本街道。

谷口常夜灯。ポツンと建っておりました。

さて、いよいよ昔のままの旧街道。この部分はランドナーではチトきついです。

飼坂峠のトンネル。旧道は左から。いきなり・・・・・

これ、急勾配の道です。念のため・・・・ヒエ〜〜〜〜!!

飼坂峠の文字が・・・・消えておりました。

峠頂上での私。当日は凄く暑く、TシャツでOKでしたね。

飼坂峠を東側から。右側には休息所があって、ベンチもあります。

峠頂上の展望台から。向こうに「道の駅美杉」が見えます。

峠を下って行くと・・・・・なんと・・・・・!!驚き!!

有名な道標。やっと間近で見られました。

左の道標のすぐ横にある常夜灯。かなり大きいものです。→

昼食は「道の駅美杉」にてビーフカレー。食堂はこのあたりではここだけ。

町屋は往時の町並みが残っていました。

■上多気〜峠〜上仁柿

松阪市内に入りました。

不思議な峠が橋になっているところ。???

下ってすぐ旧道があります。そろそろ乗って行きました。

上仁柿に入りました。時間がゆっくり流れて行きます。

「右いせ道」の道標。この伊勢本街道は道標が完備しています。

■上仁柿〜下仁柿〜波田瀬〜下出

伊勢参宮本街道下仁柿にて。この案内板はかなりしっかりしたもので分かりやすく書かれていました。

←横野のあたりにて常夜灯。となりは工場でした。

R166に出合う手前を曲がります。1本裏に入ったところが旧道。

R166との出合い。この道は旧和歌山街道ですね。この道を走って松阪に戻ります。

阪内川沿いの和歌山街道。旧街道は残っていますが、表示は全然なし。

■和歌山街道 下出〜桂瀬

■桂瀬〜松阪駅

「左大師道」の大きな道標。「すぐいせ道」の道標と似ていますね。

やっと往時の和歌山街道らしい風景が。     →

松阪市内。蒲生氏郷の電光型街路。

ここも松阪市内です。往時の雰囲気が色濃く残っております。

編集後記

当日は非常に暑い日で、Tシャツでも充分でした。前々から考えていたコースですが、ほぼ予定通り走れて良かったです。パスハンターは関ケ原以来の塗り替え2回目のランでしたが、全然問題なし、快適な走りでした。それにしても・・・・伊勢本街道は素晴らしかったです。是非大阪・玉造神社から全行程完走したと思いました。ただ・・・・やはりこういうランは秋から冬が良いですね。暑い日は向かないです。ニッカーの季節がベターです。と言うわけで・・・・この次の秋〜冬あたりに行きたいなあ・・・・と考えております。最後まで見て頂いて有難うございました。

2007.5.10