伊勢うどん&赤福下見ラン

大阪・レオナルホド氏の掲示板にて何やら伊勢うどんと赤福餅のグルメラン(?)が行われるようで、
それでは、と地元の私がちょっと下見と称して走って来ました。以前も走った事があったのですが、
新しい発見も有り、なかなか楽しいランとなりました。

走行日:’04.2.1
コース:松坂〜上川町〜金剛坂〜斎宮〜小俣〜伊勢市〜内宮お祓い町〜河崎〜村松町〜大淀
     魚見町〜大宮田町〜松坂                    走行約60km

さて、松坂からスタートですが、一番に見たかったのは城番屋敷でした。松坂市役所に車を止めて、ほんの数百mの場所にありました。博物館にでもなっているのかなあと思って行ったら・・・・なんと人が住んでいて、中は見学出来ませんでした。町並みなどは往時のままです。外側だけ見て、参宮街道を伊勢へと向かいます。

参宮街道の途中に斎宮歴史博物館があります。まだ一度も見ていな
いので、ちょっと寄って見学しました。平安時代、内親王または女王が
斎王に選ばれると3年間の潔斎生活の後、天皇の使いとして伊勢へと
向かいます。ここ斎宮から年に3回、伊勢神宮へ参拝し・・・・
そんな斎王の生活や、斎宮の発掘の様子、出土品などが展示してあり
ます。なかなか興味深い内容でした。

参宮街道沿い小俣にへんば(返馬)餅があります。宮川の手前で
馬を返したのでこの名がついた、と言われています。
店構えも古風で、好感の持てるものでした。お客がなかなか頻繁
に入ってきます。で早速一盆所望。ほんのり焼いてあって美味しい
です。

これがそのへんば餅。
本日最初の甘い物であっと言う間に平らげました。これならば
10ケ〜20ケ位は何でもない?(笑)
とにかく美味しいです。

伊勢・古市にある、老舗旅籠「麻吉」。その昔は伊勢まいりの客
がこの旅籠で夜な夜な30人もの芸者と伊勢音頭で歌って踊った
という、創業200数十年にもなる唯一の現存する貴重な建物です。
何回となく旅番組で取り上げられ、前々から行きたかったのですが、
今回実現しました。所々リフォームしてありますが、雰囲気は往時
のままです。

さて、伊勢内宮お祓い町に着いたのは良かったのですが、晴天の
日曜日、凄い人出です。伊勢うどんの看板を目指して人並みをかき
分けて行きますが。もう大変でした。何軒か伊勢うどんにお店があり
その内の一軒に入ります。伊勢うどん定食を注文。なかなか美味でし
た。この伊勢うどんですが、お店によって少しずつ違っていて、食べ比
べも面白そうです。

食事後はお約束(?)の赤福に行ってデザートです。何にしようかなあ
と考えていたら、「ぜんざいもやっております。」との事。
迷うことなく即注文。本日2つめの甘い物でした。この前の万葉甘党
ツアーの経験がまた甦ってきた(?)そんな感じでした。
これもなかなか美味しかったですね〜〜〜。

これもなかなか行くチャンスが無かったあの有名な河崎へ行く事に
しました。程なく着いて見学しようとしたら・・・・。
なんと資料館が出来ていて、早速見学。受付嬢が「ここの印象はい
かがですか?」と聞いてきたので、「いや、町並みが綺麗ですよね」
と言ったら、ニコニコして、「有難うございます。」と返して来ました。
なかなか良い印象でした。
同じ道を帰るのも芸がないので、周回コースで村松町経由で帰り
ました。旧街道、甘党、古い町並み、今日はなかなか良いコース
でした。