紅葉の名残り、もみじの葉っぱです。

スタート地点母公堂です。Pは有料なので程近い場所に一旦集まって1台で乗り合わせて行きます。

母公堂にはPM4到着。そしたらなんと・・・・・・・
どうやらコーヒーがサービスされるというので・・・・・
syokoraさんの栗パイと一緒に頂くことに。ヤッタ~~~~~~!!

大峰山系大日山と稲村ケ岳

法力峠で最初の休憩。ちょっと寒くなって来ました。

母公堂に近い場所の登山口からこの谷を詰めて登って行きます。

■プロフィール

最後に優雅なコーヒータイムが有って・・・・・いや、最後良ければ全て良し???

天気には恵まれませんでしたが、記憶に残る山行となりました。

例の箇所も1度通過しているので何ということも無くスムーズに通過しました。

帰り、稲村小屋でちょっと休憩して行きました。

愉しい山行だったというのはこの写真からも分かるのではないでしょうか?→

左の山が大日山です。すぐ横を通過。

ランチ後の休憩。日差しも無くやや寒いです。

もうすぐ大日山&稲村ケ岳です。案内看板がありました。

稲村小屋にAM11:10到着。ここでランチとしますが・・・・風が強くて非常に寒い!!トホホ・・・・・・

ガスも出ていて風が強くて非常に寒い!!ランチはササッと済ませて即出発となりました。

橋が岩に直撃されて落ちていました。慎重に通過します。

登山口です。大きな案内板があってすぐ分かります。

このところ山ついていて比較的近郊の山々へ行っています。あれは20年くらい前?'90年代はそれこそ毎週のように登っていて月に6回最高年間40数日山に通った年がありました。職場に仲間がいてあの頃は愉しかったですね。北アルプスや四国遠征、中国の大山とか伊豆半島、美濃の山々とか、今回行った大峰山系もその頃登りました。稲村ケ岳も登った事あります。でも相当昔の事なので記憶は薄れてしまっていて今回は新鮮な感じで登る事が出来ました。参加者は6人でなんとハワイからも1人ゲストの方がいてこの集まりもだんだんInternationalになって来ました。前回は夏に紀伊半島八経ケ岳に登っていてどうやら四季を通して歩くことが出来そうで期待しています。今回は天気にはちょっと恵まれませんでしたがなかなか楽しい山行でした。

■稲村ケ岳山行:2016.11.6
■参加メンバー: syokoraさん、てっちゃんさん御夫妻、大黒屋さん、ゲストのB氏、小生 計6人

■コース: 母公堂~法力峠~山上辻~大日山~稲村ケ岳(往復) AM9出発~PM4帰着


■コースマップ
          歩行距離:11.5km

■編集後記

夏は八経ケ岳、霧ヶ峰ハイキングと蓼科山、この秋は霊仙山、夜叉ケ池と三周ケ岳、そしてこの稲村ケ岳と大変良い山行が出来ていや~~~~~~良かったです。3000m峰は行けませんでしたが、なかなか内容の濃い山行ではなかったかと自負しています。山歩きはそれこそ一年中出来て同じ山でも季節やコースを変えたらまた違う印象になって新鮮な感じで登ることが出来ます。装備も1度揃えてしまえば長い間使用出来て経済的ですよね。秋の山々は特に紅葉がきれいです。今回の稲村ケ岳は天気さえ良かったらもっと違う印象で愉しく歩けるのでは?と考えています。で今1つ残念だったのは稲村ケ岳頂上からの絶景がガスで全然見られなかったという事。これはまたまた別の季節に行って是非見てみたいですね。今回6人で行ったのですが、この辺りが愉しい人数だと考えています。秋は過ぎつつあって次は雪の綿帽子をかぶった冬山ですが、フッフッフ・・・・(笑)この辺には良い雪山が多数有ります。次回もまた楽しみにしています。


                           
                               戻る        TOP
    

お次は本日の目的地、稲村ケ岳にて記念撮影。単独の方に撮影して頂きました。展望はゼロですが目的は達成しました。

この登山道は急な登りが無くて比較的楽に行くことが出来ますが・・・・このような場所も・・・・・・。

■レポート

ハワイからのゲストのB君に撮影してもらいました。

稲村ケ岳登頂はPM12:50でした。展望はなかったですが・・・・
登ることが出来たという充実感はありました。

木製の階段を上がって行きます。


大日山の頂上にて2回に分けて記念撮影。→

大日山登りの分岐。ザックを置いて空身で上がります。