2016.2.6

厳冬期伊吹山ハイキング

雪の上をポクポク歩いて行くのは非常に愉しいですね。

■レポート

■コースマップ          歩行:12km  標高差1257m

愉しかったなあ~~~~~~~~!!
高見山に続いて大変印象深い山歩きが出来ました。
ひざを痛めない様にゆっくりと下って行きます。
(1度早く下ってひざを痛めてしまって回復に半年かかってしまった)

この辺でこの素晴らしい景色を見ながらランチを頂きました。いつものおにぎりカップラーメンですが、格別に美味しかったです。

頂上はやはりというか雪は少なかったですが・・・・・
眺めはピカイチでした。

いやいや、凄い景色が待っていました。今日来て良かったです。

おお~~~~~~!!着きました。下から2時間40分くらいでした。

9合目、ここを登ったらあとはほぼ水平になります。

8合目、もうすぐです。この辺は休み休み登っていました。

6合目の避難小屋が見えています。

5合目。皆さん休息していました。

3合目の公衆トイレ。使用不可でした。ここでアイゼンを着けました

ここを曲がると3合目です。道はもう全部記憶しています。

ようやく雪が見えてきました。

1合目、まだ雪は無いです。普通だったらここでアイゼン着けていくんですが・・・・・・???昔はここでパラグライダーをやっていたのですが・・・・・今は時期じゃないのかな?

出発してすぐ、雪は全然ないです。前に4人パーティーが先行しています。

本日の伊吹山。厳冬期なんですが・・・・・・・
見た目にも雪は少ないです。

5合目からの伊吹山。傾斜はだんだんきつくなります。

2000年に3000m峰21座完登してから山歩きはちょっとお休みしていたのですが、一昨年の御岳登山の時にGORO靴が寿命になって新しい靴を新調してからまたぞろ山歩きをしてみようかなと考えるようになりました。体力はそんなに落ちて無いし今現在でも標準コースタイムで大体歩けます。サイクリングでは峠から眺める景色になってしまいますが、山歩きでは360度さえぎるものがない大絶景が待っています。で同じ山でも四季折々の表情豊かな変化が楽しめてコースバリーエーションも何本かあります。夏は3000m峰縦走や沢登り、冬は低山ハイキングやスノーシューによる雪中ハイキングなど年中愉しめますね。サイクリングも非常に楽しいのですが、山歩きも捨てがたい愉しみ、喜びがあると思っています。ゆくゆくは深田100名山達成と海外遠征など出来たら、と考えています。今回は久々に厳冬期伊吹山へ行って来ました。伊吹山は積雪11mの世界記録を持っている山で30年くらい前初めて見た真冬の伊吹山には圧倒されました。真っ白で家の近くにこんな凄い山があるんだと認識してこれまでに8回ほど登っています。厳冬期は2005年2010年に続いて3回目です。

■実施:2016.1.31   出発AM8時半 帰着PM2時半

■編集後記

小生は'86年頃から山歩きを行っています。ですのでキャリアは30年?最初は何だったか、そうそう、NC誌でパスハンターの記事が載っていて小生も峠越えのパスハンにのめり込んで専門誌に「パスハンやるなら山歩きも行なった方が良い」というのが載っていたのが始めるきっかけだったと思います。小生の住んでいる環境ですが、山歩きには絶好で近くには鈴鹿山系、台高山系、大峰山系、比良山系等があって中央南北アルプスも近いです。もう周辺の山々は大体登って今後はまだ登ってない山々を登ろうかなと考えています。平地はサイクリングで山歩きで山も行ったらこれは面白いですよね。頂上からの景色は本当に素晴らしく今まで四季を通して歩いていますが特に厳冬期は本当に素晴らしく今後冬の装備を買って冬山も・・・・なんてチラッと考えています。はたしてどうなりますか・・・・・???


                               戻る        TOP

ランチはこの辺で食べる人も多かったですね。霊仙山方面は逆光になるので景色は北側の方が良かったです。

PM2時半無事に降りて来ました。
伊吹山って大変良い山ですよね。これからも登ろうと考えています。

頂上から西側琵琶湖方面です。右は公衆トイレです。今日は登山者多かったですね。

頂上の5軒の山小屋はご覧の通り。写真程雪は多くないです。

はしゃいでしまいました。(笑)

振り返るとこんな景色です。遠く琵琶湖も見えています。

3合目付近からの伊吹山。本当に晴天で良い天気です。

AM8時半前にはPへ到着しました。200円はこの辺では1番安いです。移動性高気圧が来て今日はピーカンの晴天なので多数の方が来ていました。中には自転車の方もいてホント、ビックリしました。