8月11日 尾岱沼民宿みさき〜厚床〜道の駅スワン44ねむろ(泊)       走行:約60km 全走行距離:約250km

昨日飛び込んだ民宿はどうやら釣り客の為の宿のようで釣り人が多数いました。なんとか野宿は避けらてほっとしました。親切な女将さんが朝食を沢山出してくれていざ出発!!ところがところが・・・・膝がちょっとおかしい・・・・???少し高いギヤだと痛んできてスピードは出せません。上りも痛くて本当に軽いギヤでクルクル廻して走らざるを得なくなりました。さあ、困った・・・・・・ずっと続くのか?初めて経験する膝の故障です。ちょっとブル−になってしまいました・・・・もう1つ、やっていると思っていたキャンプ場つぶれていて2重のショック、さあ、本当に今日の泊まりは・・・・・・どうなる・・・・・・???

飛込みにもかかわらず親切にして頂いた民宿みさきさん。釣り人の為の宿のようでした。朝早くから皆さん行ってしまって最後の方で出発しました。今日の泊まりは根室市営キャンプ場の予定です。

野付湾を左に見て走行しました。このあたりから膝が痛み出しました。

ほとんどフラットなR244。今日も天気はイマイチです。

ヤウシュベツ湿原のあたり。向こうはオホーツク海です。

写真では分かりづらいですが、登りです。
膝が・・・・・・

途中で見かけた面白い農業用のトラクター???一体どういう風に使うのでしょうね?アームで干草ロールを掴む?複数台見かけました。

←根室市に入りました。カニのマークですね。

このあたり湿原みたいな風景になっていました。

同じ場所です。もうすぐ厚床に着きます。広々としていていかにも北海道らしい風景。でもこの時は膝が痛くてかなりブルーな状態でした。

←厚床です。この道を左に折れて納沙布岬に向かいます。そろそろ昼時。正面に駅が見えています。

民宿みさきさんの美味しかった朝食。

厚床の駅前食堂で親子丼。カツ丼はなくてこれになりましたが、美味しかったです。

さあ、R44を納沙布岬に向かってGO!!

途中で見た干草ロール。これ、作るのもカバーをかけるのも専用の機械があります。本州ではなかなか見られませんよね。

その干草ロールにカバーをかける全自動の機械。干草ロールを載せて少しづつ回転させながらフィルムの回転アームがくるくると廻って巻いて行きます。フィルム色は白、黒、両方のマダラ模様があります。運転手は降りずに全ての作業が行えます。終わったら刃が出てきてフィルムを切ってハイ、一丁上がり。ずっと見ていました。(笑)

予定していた根室市営キャンプ場がなくなっていて仕方なく今夜は道の駅「スワン44ねむろ」に泊まることにしました。

同宿になったT氏。彼も根室市営キャンプで泊まる予定だったとか・・・・・?この晩は彼と一緒に夕飯を作って食べました。

いや、下準備は入念にしたつもりでしたが、いかんせん、資料が古かったらだめですね。この時は幸いに仲間もいて愉しかったですが、あともう1回ありました。次回のツーリングからは資料は最新のものにしようと思っております。ところでこの道の駅「スワン44根室」でなんと野生の丹頂鶴を生まれて初めて見ました。ビノキュラーで見たのですが、もうすっかり驚いてしまいました。写真が無いのが残念ですが・・・・この後は納沙布岬まで行ってまた帰って来ますのでもう1回泊まりました。膝は相変わらずです。はたして直るのか・・・・・?幸い山坂が少ないコースでしたので良かったです。

8月12日のレポートは次へをクリックして下さい。

2008.8.31