8月20日 雨で停滞                                      全走行距離:約784km

苫小牧発名古屋行きフェリーは明日出港です。ここから苫小牧まで約80km、1日で行けます。という事は、明日さえ天気が良かったら今日はゆっくり出来ます。TVで確認してみたら明日は天気は良さそうです。で今日はゆっくり停滞することにしました。ゆっくり起きて朝ご飯を作って食べて・・・・・ゴロゴロしていました。昼前、仙人から「どこかに行くかァ〜〜!!」とお声が。泊まっている3人は全員「お願いしますぅ〜〜!!」。なんと仙人ご自慢のキャンピングカーで行く事になりまして・・・・・・さて、どういうことになったのか、レポートをお楽しみ下さい。

※「遊々仙人倶楽部」ですが、基本的にツーリングマップル等の雑誌の取材には応じておりません。場所につきましてはここでは非公開とさせて頂きます。道の駅「サラブレッドロード新冠」で案内が出ています。

新冠の街の案内です。1度馬のライディングなんか愉しそうですよね。ご覧の通り競走馬関係の施設が多いです。

仙人の飼っている「ゆう」ちゃんです。種類はミニチュア・ダックスフンドですね。

仙人ご自慢のキャンピングカー。中は広いです。4人寝られます。

サラブレッド銀座の中の牧場の1つに案内して頂きました。馬についていろいろ教えて頂きました。

この日の同行者の3人です。

女性は東京から、北海道を1ケ月1人でサイクルツーリング中の方、
男性は大阪からやはり北海道を1ケ月バイクでツーリング中の方でした。

その後はいかがでしょうか?無事に愉しくツーリングを終えられるように祈っております。仙人に写して頂きました。

向こう側で説明をされておられるのが仙人です。北海道の方って・・・・・親切な人が多かったですね。

道の駅「サラブレッドロード新冠」での昼食は北海道で多分7つ目あたり?のカツ丼。(笑)

土産コーナーで買ったペンケース。多分馬の皮製なんでしょうかね?

その後日高町のアイヌ資料館に見学に行きました。

主に祭りの時などに着る着物ですね。

こちらには刀剣類の展示もありました。

アイヌは言葉はありましたが、文字を持っていない民族でした。その為、文化や習慣などは言葉による言い伝えで伝えられました。

今でもアイヌ伝統の祭りや踊りはこの資料館の裏の施設で定期的にやっているそうです。

驚いた事にアイヌ語の弁論大会は今も行っていてポスターを見かけました。これ・・・・1度聴いてみたいですね。

その次は・・・・・・
アイヌ資料館の隣にあるライディングヒルズ静内という、牧場です。

ここは見学は自由で厩舎の中も入れて見学できます。馬に乗れたら良かったのですが・・・・・
たとえば15分や30分ライディングとかいろいろメニューがあり、選んで乗る事が出来ます。

聞いた話ですが、(笑)昔の合戦で馬に乗り槍や刀を振り回して敵をなぎ倒す・・・・なんてのは本当に難しいそうです。馬を操る、乗るのに精一杯でとても刀や槍どころではないそうで、武田の騎馬隊なんてのは凄い熟練のエリート集団だったんですね。(笑)

同じ馬です。名前は・・・・・「マイネル・ストーク」と言います。今年で17歳。人間で言えば・・・・私くらい?(笑)一般的に馬の寿命は25〜26歳だそうです。1年に4歳年を取るそうです。頭をなでてやりました。

ポニーの「ビワハヤヒコ」。8歳で誕生日は私と同じ日でした。
カワイイですね。

ここの最年長馬、12戦6勝の「サクラユタカオー」26歳です。ファンも結構いて見学に来るそうです。もう年で静かに余生を送っています。

・・・・・てな訳で雨にもかかわらずご自慢のキャンピングカーを出して頂いていろいろ見学もさせてもらって有意義な1日でした。
仙人!!いろいろ今日は有難うございました〜〜〜〜〜〜〜〜!!
さて、この実り多き北海道ツーリングも北海道の部は明日、苫小牧まで走ったらお終いです。幸い明日は良い天気になるというのでこの晩はいそいそと夕食を食べて早めに休みました。振り返ってみると・・・・・今回も見所も多数有って、昨日なんかはあまり見られないアイヌの資料館や馬の牧場も見られました。いや、なかなか良いツーリングだと思っています。よく最後の最後でアクシデント・・・・というのを聞きますので明日は気を抜かないようにして走って行こうと思っています。それではお休みなさい・・・・・・・

2008.9.9

8月21日のレポートは次へをクリックして下さい。