8月19日 三石海浜公園キャンプ場〜春立〜静内〜新冠〜遊々仙人倶楽部(泊)
                                                           走行:約40km 全走行距離:約784km

朝、目が覚めたらまだ暗いうちからおばさんたちが昆布を取っています。日はまだ上っていません。こんな暗いうちから?いやもう驚きました。天気はどんより曇っています。予報は今日は良くなく昼前から雨の予報。でどうするか・・・・・出来るだけ早く天気が崩れない内に距離を稼ごうと思ってテントを畳んで出発。この時は食料はほとんどなくなっていましたが、セイコーマート他コンビニが結構あり、不自由はしませんでした。
地図を見るとYHがこの先に2軒ほどあります。雨の日のキャンプはいやなので仕方が無い・・・・泊まろうと考えていました。ライダーハウスは載っていません。新冠まで行って見たら・・・・なんとツーリングマップルには載ってないライダーハウスが有ってラッキーでした。

朝、日の出前に地元のおばさんがもう昆布を取っていました。で私のテントの前を通りがかり、「おはようございま〜〜す!!」

日高三石のあたりで見た玄関。北海道ではほぼ全ての家庭で2重になっています。

こちらもほぼ全ての家庭にある灯油タンク。形は数種類見かけました。冬の寒さの厳しさが偲ばれます。

朝早くからご苦労様です。

静内に入りました。街路灯もご覧の通り。

JR日高線と広い牧場です。R235の両側にずらっとあります。

放牧しているサラブレッドですが、例外なく母馬と子馬ですね。

道の駅「サラブレッドロード新冠」にある代表的名馬の「ハイセイコー」の銅像。文字通り新冠の顔と言うわけですね。ハイセイコーは'70年生まれ、'00年亡くなり30年の生涯でした。生涯成績は地方競馬6戦6勝、中央競馬16戦7勝だったそうです。

売られていた日高昆布。あのようなご苦労がこの昆布に詰まってる訳ですね。

←新冠に入りました。ここは・・・・・サラブレッドの本場です。名馬を沢山輩出しています。

お昼は帯広発祥の豚丼です。いや、なかなか美味しかったですね。

←道の駅の横にあるレ・コード館。入って見たら・・・・驚きました。

昔懐かしい電蓄とソノシート。雑誌の付録なんかでついていましたよね。ここにはエジソンの蓄音機から始まるコンポーネントの歴史的コレクションが凄いです。

ここではLP盤やSP盤のレコードを自由に選んで個室で聴けます。私の好みは・・・・・・・・(笑)

全国から集まったLP盤やSP盤のレコードの膨大なストック。多分、世界一?約74万枚あります。                →

私が個室で聴いたコンポーネント。プレイヤー、アンプはDENON、スピーカーはTANNOYでした。曲は・・・・J.S.BACHの教会カンタータです。

レ・コード館のパンフ。博物館見学のみは\500。聴くのは別に\400かかります。

博物館にあった北海道関連の歌のジャケット。

私が知っていたのは・・・・布施明の「霧の摩周湖」とか、ダ・カーポの「宗谷岬」か、森進一の「襟裳岬」とか・・・・・(古いですね、年がバレバレ 笑)あと北島三朗とか、松山千春は北海道出身ですよね。


そうですね、私の1番の北海道関連の歌は・・・・札幌オリンピックのテーマソング、トワ・エ・モアの虹と雪のバラード(1971)ですかね?あのフィギュアスケートのヒロイン、ジャネット・リン選手は今どうしているかなあ・・・・???(笑)私はまだ十代、夢多き年頃でした。

昼飯食べてからこれからどうするか考えていましたが、天気は今にも降りそうです。近くのライダーハウス、「遊々仙人倶楽部」さんに御世話になることにしました。

途中で見た「北海道バット産業株式会社」。ここでプロ野球選手のバットの素材を作っているようです。

着いたライダーハウス「遊々仙人倶楽部」。着いてから雨が降り出して間一髪!!2日間御世話になりました。

ライダーハウス「遊々仙人倶楽部」に着いた途端、雨が降り出しました。まったくラッキーでしたね。でここのライダーハウスはツーリングマップルには載っていません。オーナーの考えでゆったり過ごしてもらおう・・・・ということのようです。この日の泊まりは3人。いや、実にゆったりしていて良かったです。この日は3人でオーナーの家に遊びにって大きな液晶のTVで北京オリンピックなんかず〜〜〜〜っと見ていました。
洗濯も出来てシャワーも有っていろいろ奥様が世話を焼いてくれました。オーナーが「いや、私も旅人だから」とすごく親切な方で行って良かったです。天気は明日も1日雨のようです。その日の晩に「もう1泊させて下さい」とお願いしておきました。今日もいろいろ見られて良い1日でした。それではお休みなさい・・・・・・・

8月20日のレポートは次へをクリックして下さい。

2008.9.8