私の北海道ツーリング2005

8月2日
初山別みさき台キャンプ場〜遠別〜天塩〜サロベツ原野〜兜沼キャンプ場(泊)
走行:約90km                           TOTAL約260km

昨日は天気がちょっと心配だったので、自転車は
水場の屋根の下に置いておいたのだが、どうやら大丈夫だったようだ。はたして今日の天気は?
外は明るく、何とか走って行けそう。
予備日は1日〜2日程度しかないので、初めのうちからはあまり使いたくない。
食事は今日は御飯。山用のアルファ米。15分経つと出来あがり、早くて美味しい・・・・・のはずだが、これちょっとおかしい?古いものから使っていったらなんとうまく出来上がっていない。トホホ・・・・・硬いものもある。中はなんとか食べられそう。
もう古いものはやめよう。

左の水場の屋根の下に自転車を置いた。

朝7時、すべて撤収し、ツーリング3日目のスタート、今日の予定は・・・・・・・なんと、あの憧れのサロベツ原野に行くのだ。コース取りはいくつかあるが、今回は道道444号を行く予定。サロベツ原生花園があり、ビジターセンターもあるのでちょっと寄っていくつもり。
泊ったここのキャンプ場だが、星がきれいだそうで、天文台もある。しかし、天気には適わない、生憎の天気で何も見えなかったのがちょっと残念。でもここもやはり無料でしかも海に面していてとてもきれいなキャンプだった。また来たいと思う。

路面は乾いてきたが・・・・・・?

遠別・道の駅富士見にて

道の駅で会った四日市からのYさん

いよいよ天塩。やっと天気も回復

みさき台公園キャンプ場から1時間ちょっと走って道の駅富士見へ。この富士とは利尻富士の事?
まだ時間も早いのでお店も開いていない。とりあえずポカリスウェットだけ買って小休止。目の前にライダーの方が休んでいたので話しかけたらなんと、三重は四日市からの方のYさんで大いに盛り上がった。
旅情報など交換、写真など撮って楽しいひと時を過ごした。Yさん、その後はいかがでしょうか?
さて、これからは天売国道なるものを走行。

いよいよ利尻礼文サロベツ国立公園へ

巨大な風力発電のプロペラ。壮観だった

天塩には10時ごろ到着。ここの海岸からはあの利尻岳が見えるそうだが、今日のこの天気ではちょっと無理かな?休憩したかったが、何も無いので行くことにする。でとたんに多くなってきたのがダンプ。
ひっきりなしに通っていく。まあ、よけてくれるが、あまり気持ちの良いものではない。
しばらく走って行くと・・・・・利尻礼文サロベツ国立公園の案内看板。早速写真を写す。もう間近、この目で
直に見られると思うと嬉しい。と目の前に・・・・・巨大なプロペラ。そう、ここは風が強い場所?北海道のオロロンラインではこの風力発電が非常にさかんである。ここでは1列に28基も有って壮観。

北緯45度のモニュメント。
N字ポーズはチト無理(笑)

サロベツ原野にて お気に入りの一枚。

少し走って例の北緯45度のモニュメント。フ〜〜〜ン、そうか、ここかとちょっと感心、&感激。とうとうここまで走ってきたと思うと感無量。何も無い道道106号線を行くが、果たしてこの先食堂なんてあるのかな?と少し心配になる。もう昼時でおなかはグーグー。で稚咲内でやっとポツンと一軒の食堂を発見。
でカツ丼を注文。ここのお姉さんが非常に感じの良い方で、なかなかの美人。写真がないのがチト残念。
ここで道道444号に入り、サロベツ原野へ。しばらく走ると・・・・・見たこともない景色が・・・・・・
さすが約2万3千haの凄く広大、雄大な風景。とても日本とは思えない。まだ行ってない方、是非訪れてみて頂きたい。

兜沼公園キャンプ場にて

サロベツ原生花園にて

サロベツ原野にはビジタ−センターがあり、ここの写真などによる案内やお店などがある。1周約1kmほどの木道があり、せっかくなので見学して行く。どうやら花の時期は終わっているようだ。7月辺りが見頃らしい。
で写真ではここから利尻岳が見えるそうだが、生憎この天気、見えないのが非常に残念。木道では希望によりボランティアの案内人がついて案内してくれる。花の種類など実に詳しい。このあたりから天気が
下り坂、先を急ぐ。でザーと降ってきて雨宿りは何と牛糞舎。周りは糞だらけ。トホホ・・・・・シャネルにも負けない良い香り?(笑)今日の宿、憧れの兜沼公園キャンプ場には5時頃到着。明日の天気も心配だが、キャンプすることにした。ここも非常に環境が良く、シャワーもあり、夕食は管理棟で食事も出来るので
ジンギスカン丼なるものを注文。非常に美味だった。シャワーを浴びて日記も書いてツーリング3日目も無事終了。雄大な大自然の中でキャンプは良いものだと思う。

2005.8.24