わたしの北海道ツーリング2005

8月9日
クッチャロ湖畔キャンプ場〜枝幸町〜日の出岬キャンプ場(泊)
走行:約92km                              TOTAL:約538km

オホーツク街道2日目。
キャンプしていたクッチャロ湖は大変き
れいでもう1泊しようか考えたが、次々と
出発して行くサイクリスト、ライダー達を
見ていたらやはり行こうかな?と言う気
持ちになり、結局出発してしまった。

ここのキャンプ場で稚内で出会った大学
夏合宿の女性サイクリストにまた出会って
しまった。
朝、クッチャロ湖の看板の前で記念写真
を撮ろうとしていたら、声をかけられて、
「撮って上げましょうか?」と来たもんだ。
(笑)
撮って貰って、こちらもお返しに撮って
あげた。

この後、屈斜路湖から美幌へ行く時に
もまた出会って、大きな声で「また会いま
したね〜〜〜^^!!」と道路の向こう側
から挨拶されてしまった。旅はやはり出
合いが有って楽しい。

女子大生の子に撮ってもらった記念写真

朝のクッチャロ湖畔キャンプ場

左の岬は神威岬。トンネルを避けて行ってみた

神威岬を廻って来たところ

先程の女子大生の北海道夏合宿グループの方々は写真を撮り合っていたので私は一足先に出発。
浜頓別市内を抜けてR238を一路南下して行く。今日も良い天気になりそうだ。3日位続けて良い天気で結構な事だが、私はもう随分日焼けしてしまった。トホホ・・・・・・
走ってすぐ神威岬なるものがあり、どうしようか迷うが、トンネルがイヤだったので行ってみる。すると・・・・・思いのほか良い景色でラッキー!!来て良かった。で・・・・・肝心の神威岬の写真は写すのを忘れてしまった。

あまりの暑さに大休止

こちら枝幸にも北緯45度の標識が モニュメントはこの先

こちらが正確な場所かな?

これではどのようにラインが走っているのか
良く分からなかったが、まあいいか・・・・・?    →

右手に自販機があったので大休止。結構長く休んでいた。ここ枝幸にも北緯45度のモニュメントがあり、写真を撮って行く。モニュメントはオロロンラインの方が立派でいかにも・・・・って造りだった。今日も暑い日になり、クルージングスピードもこころなしか少しペースダウン。サイクリストやライダーの方々が走って行く。ウスタイベ千畳岩に寄って、見ていくが、規模は小さくあまり大した事なかった。隣接のキャンプ場はここもきれいで無料。枝幸でお昼になり、セイコーマートで割子蕎麦とおにぎりを買う。ところで・・・・・・行った方はご存知だろうが、北海道ではほぼ全部自販機には空缶入れは設置してないし、セイコーマートではごみ箱がない(一部有る所もあるが)・・・・・のである。いや、本州では絶対有るはずのものがここでは無い・・・・のである。これもちょっとしたカルチャーショックだった?しかしこれ結構不便で、持ち歩いて行って、別の7−11などのコンビニで捨てていた。

長距離ツーリング用リカンベント、ドイツ製

日の出岬キャンプ場にて

長距離ツーリングリカンベント走行の図

R238を快適に快走、今宵のキャンプ場の日ノ岬キャンプ場にはPM4時40分到着。ここで面白い乗り物を発見。R238で1度追い越したのだが、ここで一緒になってしまった。なんと長距離ツーリング用サイドバッグ装備リカンベントである。所有者のA氏とはすぐ親しくなり、いろいろ話をさせて頂いた。
私もこういう長距離用のは初めて見たので興味深々。まあ、交通量の多い本州なんかではチト無理?と思われ、道が真っ直ぐで交通量の比較的少ない北海道あたりが最適なツーリングフィールドなのだろう。
R238で初めて見たときには何が走っているのかな?と思ったものだった。ここの日の岬キャンプ場だが、係員の方は5時で帰ってしまい、その後到着だったら無料?
テントを張るスペースは芝生で良い感じなのだが、傾斜地で、ちょっといろいろ見て廻って1番傾斜がゆるい場所にテントを張った。ここも近くにホテルがあり、お風呂を頂いて、食事をして無事1日が終わった。
日記を書いて、ラジオで明日の天気を確認、それではお休みなさい・・・・・・

2005.8.31

オーナーのA氏、愉快な方だった