2018.1.26

ヨーロッパツーリング2017

ホテルからの外の眺め。午後からは凄く暑いので涼んでいました。

ローマ市内の可愛いトラム。





右は有名なトレビの泉で中央は水の神様ポセイドンで左は豊饒の女神ケレース、右に健康の女神サルースが配置されています。この各守護神の名前の問題がTVで出ていましたね。

壁画と天井画です。キリスト教総本山ですので聖書に関係した絵画や彫刻が多いです。そのどれもが素晴らしいです。

右は徳島県大塚美術館のミケランジェロ作システィーナ礼拝堂天井画のレプリカです。本物は当然撮影禁止です。当日は凄い人数で押すな押すなの大盛況でとてもゆっくりは見てられませんでした。ゆっくり見たいならレプリカでも良いような気がします。ミケランジェロはこの大作を弟子も使わずにたった1人で4年間で描き上げました。どうでしょう、人類がこれほどの作品を描けるというのは凄い事だと思いました。
小生は幸か不幸か、レプリカ本物両方見ることが出来ました。この天井画ですが、映画「BEN HUR」冒頭の部分で出て来ますよね。

Museumの中です。絵画と彫刻が凄いです。もう圧倒されまくりですね。

彫刻は大きいものは3m程にもなるものもあります。長い列が出来て小生も並びました。

せっかくローマに来たのでバチカン市国へ行ってMuseum、とりわけ例のミケランジェロ作システィーナ礼拝堂の天井画と壁画は是非見たいと思いました。チケットはon lineで買えます。良く他の方がやっている方法は支払い画面をデジカメで撮影して係員に見せるという方法でプリンターが無いので仕方なくこの方法で行きました。左がその画面でこの方法で何とか入れました。

バチカン市国とシスティーナ礼拝堂チケットはここから購入できます。

■ローマ滞在最終日はバチカン市国へ

映画の記憶が蘇ります。ここだったのか・・・・・???と感慨深いですね。

スペイン広場の上あたりから。遠くにバチカン市国が見えています。

ホテルの朝食です。右の方はなんと千葉からイタリア1人旅のSさん、これからバチカン市国に行くそうです。小生はまあ自転車でローマ市内をブラブラ流そうかなと・・・・・・

8月4日、無事予定通りローマに到着しました。5月21日に日本を出発して早や70日とちょっと、あと数日で帰国という段になりました。今回は前のスペインアンダルシア紀行の様にスリにやられること無くなんとか事故も怪我も無く無事にローマに到着出来ていや、本当に良かったです。ローマには3日滞在して市内見物と観光、で当初予定にはなかったバチカン市国に行くことにしました。ローマでは前も書きましたが、午後は気温が38℃~39℃くらいにもなって積極的に見ようという気力も湧かず・・・・・もっぱらホテルで涼んでいました。この辺はちょっと勿体なかったです。ローマはやはりというか映画「ローマの休日」の印象が深くて映画に出た名所を見て廻りました。バチカン市国ではなんたってあのミケランジェロの名作システィーナ礼拝堂の天井画と壁画は絶対に見逃せません。上手い具合に宿のオーナーからチケットの入手方法を教えてもらって自分のタブレットからオーダーしたら・・・・アラ、何と!!買えました。その画面をデジカメで撮影して係員に見せて何とか無事にバチカン市国に入る事が出来て天井画も壁画も見ることが出来ました。

■イタリア ローマ市内~バチカン市国編  8月4日~8月8日 

バチカン市国サンピエトロ広場にて。この場所は映画「ローマの休日」冒頭部分で出て来ます。いや、この写真撮影の時の気温は30数℃で暑いのなんのって早く帰ってシャワー浴びて夕食に行って・・・・明日は帰国だ~~~~~~~!!

■ヨーロッパツーリング2017 帰国&総まとめ編は次へをクリックして下さい



                             戻る    TOP    次へ

システィーナ礼拝堂本物の天井画と壁画です。

有名な「真実の口」ですね。割れた部分が補修してありました。

有名なスペイン広場にて。ここでジョーブラッドレー記者がアン王女に「やあ、ここ会ったのは奇遇だね。これからローマ市内を見て廻らないか?」・・・という名場面の場所。

ローマの地下鉄です。これは分かり易かったですが・・・・・非常に混んでいました。

ホテルから走って行ってすぐこんな風です。さてこれから映画「ローマの休日」名所巡りなど・・・・・最初はやはりスペイン広場かな???

今日もタイ料理店でビーフカレーです。

正面下に見えているのがスペイン広場です。

おおっ!!着きましたが・・・・・凄く暑い!!素早く見てサッと帰ろう~~~~~~!!(と思いました)

地下鉄のチケットです。なぜかマリリンモンロー???

有名なトレビの泉。この日も大勢の観光客が来ていました。コインを後ろ向いて投げ入れるとまたローマに戻って来られるという言い伝えがありますね。