2017.12.8

■ヨーロッパツーリング2017 スイス編 その4は次へをクリックして下さい



                            戻る     TOP      次へ

本日の宿のロ-ザンヌ・ゲストハウス&バックパッカーです。

1番近いお店はローザンヌ駅内のCoopでしたので夕食と朝食を購入して来ました。自転車はちゃんと中へ置く事が出来ました。

この辺は世界遺産のLAVAUX葡萄畑です。丘の中腹に真ん中を突っ切る小道が有るのですが・・・・・・今回は割愛しました。

Zermatt駅前風景です。ここからホテルまではすぐです。さて、明日からのハイキングの準備として近くでストックと靴をレンタルすることに。幸い駅前にレンタルショップがありました。で早速借りました。これで明日からハイキングに出かけられます。

翌日7月14日です。
走って行って標高差1000mのZermattへは1日以上かかってしまうのでSionから電車で行きました。

この日の宿泊はMartignyのホテルでした。

レ・マン湖のほとりに古城があり・・・・見学して行きました。

翌日、清々しい気分で・・・・元気良く出発しました。

天気も景色も良くて・・・・・・・素晴らしい日和になりました。

下に降りて来たら・・・・なんとアフリカ・モロッコからローザンヌまで走って来たという・・・・・この方に出会いました。ちょっとお話しました。彼も小生のコース聞いて驚いていました。

今日の宿は・・・ローザンヌ駅裏にあります。名前は「ロ-ザンヌ・ゲストハウス&バックパッカー」です。1泊41CHFでした。

一路ローザンヌへと走って行きます。途中で向日葵畑がありました。両側ずっと向日葵です。

Yverdonのスクエアです。スッと行ってしまうのは勿体ないと思ったのでちょっとブラッと散歩して行きました。

ローザンヌへは比較的早い時間に到着しました。ちょっとお昼寝します。暑い日はこれがもう・・・・・最高!!です。


       近くに何やらガード付マシンを展示したお店があって・・・・・???
       もう久々に見ました。残念ながらハイドメイドでは無かったです。

ローザンヌ大聖堂です。高台に有ってローザンヌ市内が良く見渡せます。

ローザンヌの1番賑わっているあたりです。自転車を押して見て廻りました。

ローザンヌ市街を走るトラムです。丁度走って来たので撮影しました。

中世の街をブラッと散歩して・・・・・ちょうど昼になったのでランチとしました。今日はヨーグルトが入手出来ませんでした・・・・

■レポート

ヌーシャテル湖を過ぎてYverdonの街です。この街も古い街でした。

朝食付きでしたので頂きました。ごく標準的な朝食でした。さあ、出発だ~~~~~~!!

7月11日宿泊のGorger les Tillulesの外観。歴史のあるホテルで昔の開業当時の写真が飾ってありました。

スイスという国ですが・・・・・最初は物価も非常に高そうでちょっとどうかなあ・・・・と思っていましたが、走るにつれてだんだん好ましい国と思えるようになって来ました。スイスは永世中立国として有名ですが・・・・聞くところによると、国民全員各自武器を持って居ていざという場合は国民全員で祖国の為に戦うという・・・・・・各家庭にも核シェルターというか地下室が有るという様な話も聞きました。日本とは随分違う考え方で、今回その様な実態は残念ながら見る機会はなかったです。今回のスイスのハイライトは・・・・やはりツェルマットでのハイキングとスイスアルプスの峠越え・・・でしょうか?この2つは出発前からプランしていて今回のコースに組み込んでみましたが・・・・期待以上に素晴らしいものでした。スイスハイキングは今回はさらっと2回だけ歩いたにとどましましたが、それだけでもスイスアルプスハイキングの素晴らしさ、景色の雄大さ、愉しさは理解出来ました。


■スイス編  7月6日~7月21日 16日間 665km     その3 Gorger~Zermatt

スイスも自転車への配慮は行き届いていると考えています。

ローザンヌ大聖堂からのローザンヌ市内。遠くにレ・マン湖が見えています。

ヨーロッパツーリング2017

Zermattへ到着しました。途中の景色も素晴らしかったです。

スイス9号線を東に向かって快走します。

Vispで乗り換えてZermattへ向かいます。ここから標高差約1000mです。行きは電車ですが・・・・下りはもちろん乗って下ります。(笑)

スイスは2等の半分の料金で自転車を載せられます。

さああと少しでロ-ザンヌです。この辺りはちょっと登りでした。

このホテル、丘の上に有って周りには何もなく、仕方なく下まで歩いて降りて行ってやっとディナーにありつけました。