2017.11.14

ヨーロッパツーリング2017

ヨーロッパツーリング2017 オーストリア編 その3は次へをクリックして下さい



                             戻る     TOP      次へ

本日はリンツの近くのEnnsに泊まりました。ポチャラーンから約70km走行しました。宿は分かり易い場所にあって助かりました。

ホテル名は "Gasthaus & hotel backlhendl station"という名前で朝食付き35ユーロでした。

小さな村でトラクターの行進です。合図を送ってくれました。

ユ-ロベロ6号線を走る事が出来ました。

途中で雨に降られてしまってちょっと雨宿りです。
こちらのサイクリストは雨でも平気で走っていて驚きます。

ほぼドナウ川に沿って走ってい行きます。ユーロベロ6号線はドナウ川に沿って走っています。

クラシックカーのラリーに出会って見入ってしまいました。
写真はイギリスのJaguer E-typeですね。

美しいレンガ造りの鉄道の橋です。ちょっと待って見ましたが・・・・・列車は来ませんでした。

ダートも1部ありました。25Cではちょっときつい感じです。

ちょっとユーロベロ6号線というのを走ってみました。畑の中の自転車道を行きます。

こんな田舎道を走って行くのが1番愉しいですね。

標識は無いのですが、ユ-ロベロ6号線です。左はドナウ川です。このような感じでずっと続いています。

翌日はドナウ川を渡って北側を走って行きます。

近くの(と言っても1km程ありましたが)中華で寿司があってオーダーしてしまいました。まあまあかな。

今日の宿はモテルです。管理人が1人いるだけの簡素な宿でした。

街が見えて来ました。ちょっと休んで行くかなあ・・・・・???

途中の小さな街を抜けて行きます。どの街にも教会は街の中心に有りますね。

3日間お世話になったWombats city hostel。リーズナブルで大変良いホステルでした。3日間ほぼ満員状態でしたね。

ウイーンで夢のような3日間を過ごしていよいよMozartの生まれ故郷のZarzburgへと向かいます。ドナウ川に沿って西へ西へと向かったのですが・・・・・・・???でウイーンからドナウ川沿いにユーロベロ6号線というのがあって、非常に快適に走る事が出来ました。ヨーロッパではなんというか自転車に凄く理解があってヨーロッパ全域に自転車ツーリングの為の道を網羅していて今も建設中です。今回一部ではありましたが、走る事が出来ました。オーストリア走行は出発以来1ケ月経ってからで、6月の走行となったのですが、どういう訳か雨が多かったです。天気予報は日本の気象庁のを見ていましたが、当たる時もあれば当らない時も有ります。1週間ずっと雨・・・・の予報が出ていてどうしようと思いましたが、とりあえず3日間stayしましたが、予定もキッチリ3日遅れてしまいました。遅れてしまっても予定の範疇で後から列車で後れを挽回しました。

■オーストリア編 6月15日~7月5日 15日間 523km    ウイーン~エンス

■レポート

その夜のディナーはこんな風です。親しみやすいオーナーの方で息子さんがいろいろ世話を焼いてくれました。

本日の宿のポチャラーンに入りました。語呂が面白いですね。

メルクの手前にて。ここで写真撮影せよとの枠が有りました。親切な方に撮影して頂きました。

メルクの手前の街でちょっと休憩しました。サイクリストも何人かいました。

ウイーンからほぼ真西に伸びている地方道を行きます。ちゃんと自転車道が整備してあります。