N019

2010.11.5

世界2周したDAISUKE BIKE。製作した工房はVelo WOOD BELL。伝統的な4サイドCAMPING車です。カラーはライトブルー。

まだ駆け出しの頃、自転車の専門誌なんかで日本一周や世界一周サイクリングの記事なんかを見つけて良く見入っていました。大抵4サイドCAMPING車で当時はまだマスプロのBS DC-15、ミヤタメルクスキャンピング、片倉SC-15、富士グランドキャンピング、ツバメスワローキャンピングなど花盛りで自転車専門誌の裏表紙など「○○君耐久テストでヨーロッパ走行中」なんて載っていて「良いなあ・・・いつかは・・・俺も」と考えていました。
時は経ち、若い時に走るチャンスはとうの昔になくなって今や定年退職後に全ての夢を託すことになってしまいました。・・・・という訳で6年前にマシンをオーダーして研鑽している訳です。そんな時に中西さんのDAISUKE BIKEを拝見する機会がありました。なんたって11年間130ケ国15万km走行の「本物の」世界を走った4サイドCAMPING車です。一体、世界を走ったマシンとはどんなフレーム、どんな仕様でどんなバッグ、キャリアなのか、実は興味津々なんですが、間近では見た事有りません。多分これが最初だと思います。まあ随分昔にシマノ博物館で池本さんのタルーゼV世号は見た事有りました。

でマシンは今植村直己冒険館に展示してあります。2010.11月末までは展示してあって見られますが、展示期間を過ぎるともう見られません。
このDAISUKE BIKEは例の余部鉄橋を見た帰りに寄って約1時間強いてじっくり見て来ました。見た感想ですが・・・・・

■部品はSHIMANO MTB部品で世界中で入手可能な部品で組んである。
■フレームはラグレスにもかかわらず途中で折れたりせずに最後まで持ちこたえた。
■タイヤサイズはこれまた世界中で入手可能な26HEサイズ。
■キャリアは10mmパイプにもかかわらずに何回か溶接が外れたそうです。が、現地で修理して走行可能に。
■Fバッグ、サイドバッグは国産オーストリッチの製品、後ろの登山用ザックは50L程度?のMSRのザックです。

マシンの完成は'98年7月、でダンボール箱に入ったまま出発3時間前に成田空港で受領、そのままアラスカに出発して行ったそうです。

■Special Thanks: 中西大輔さん

チェーンホイール。

■チェーンホイールははSHIMANO Deore。
クランク長さ:175mm  歯数: 46×32×24

本来あるチェーンガードは割れて外れています。

ダウンチューブ下にもボトルケージダボありますね。

リヤメカ。

■リヤメカはSHIMANO "Allivio" ロングケージのチェンジでキャパシティは充分ありますね。
テンションプーリーは凄く磨耗しているのが分かります。

サドル。

■サドルはドイツ SQ-lab社製品。本来はMTB、ロード用のサドルのようです。

ピラーは・・・・???
調べましたが、ちょっと不明です。おそらく・・・・
"TITEC"製かなあ・・・・と思いましたが・・・・???

ヘッド部分。

フレームチューブは恐らく丹下No3以上、カイセイ024以上の1.0mm程度の厚肉チューブと思われます。11年15万km乗ってどこも破損しなかったというのは驚異に値すると思います。ラグレスですが強度は相当なものです。

■ヘッド小物は標準的なRB-661クラスの物とお見受けしました。

■ステムは日東Tecnomic 80mm。

■使用バーはちょっと分かりませんでしたが、おそらく日東のエアロブレーキレバー用のMod.185あたりだと思います。(アウター用の凹みがあるタイプ)

ハンドルバー。

ハンドルバーはちょっと不明ですが、日東Mod.185じゃないかと思います。

■ハンドルバーテープはRev X製人工皮革のもの。

■ブレーキレバーはSHIMANO エアロタイプ。

リヤーハブ付近。

■ハブはSHIMANO Deore LX 36H。
■フリーはカセット式で12〜32Tの8speed。

チェーンは15回交換、ホイールは3回交換したそうです。

TOPチューブの通過した国々の看板。

裏にもズラッと書いてあります。で良く見ると通過した順番に書いてありますよね。

右前サイドバッグ。

展示してあるサイドバッグ類は出発から10年間使用したものだそうです。
何れも東産業オーストリッチ製品。

■フロントサイドバッグ型番: S-83 (48L)×2 

左側の通過した国々の看板。

最後の方は書く場所が・・・・なくなってしまいました。

リヤーサイドバッグ。
これも東産業オーストリッチの製品。

■リヤサイドバッグ型番: S-7 (37L)×2

フロントの方が大きくなっています。リヤホイールはフリーのオチョコの問題で強度が前より弱いのでこのようにした方がベターです。ちゃんと理にかなっていると思います。

フロントバッグ。

やはりオーストリッチの製品
■型番: F-702 14.5L。

使い込んで風格がありますよね。

後ろから。

リヤキャリアに載っている登山用ザックはMSRのもの。
このザックでアフリカ・キリマンジャロや南アメリカ・アコンカグアを登頂されました。

ぺダル。

■ぺダルは5回交換。このペダルは"PRIMO"という聞いたことないメーカーのもの。見るからに頑丈そうです。

前から。

やはりフロントバッグやサイドバッグにつけられた各国ワッペンが目に付きます。サイドバッグのポケットはペダリングの際に邪魔にならないように前側に来るようにしていますね。

リムとタイヤ。

■リムはアメリカ製 SUNRIM 26HE 36H。
■タイヤはドイツ製 SCHWALBE marathon XR 26×1.95

この26HEサイズ選択に大きな意味があります。このサイズにすることによって世界中でスペアタイヤ、リムが手に入りやすくなるという訳です。

キャリアへのサイドバッグ取付。

東産業オーストリッチ・サイドバッグはフックでキャリアに取付けます。今時のサイドバッグはフック式でなおかつロック式が多くなっていますね。

ブレーキ。

■ブレーキアーチはSHIMANO Deore LX。
カンティーブレーキですね。ところで・・・・タイヤとガードのクリアランスは通常よりも大きく取っているのが分かると思います。

Fキャリアのマウント方法は通常とは違っています。
応力分散の為?4ケ所でマウントする方法を採用しています。

フロントキャリア修理箇所。

枠をステーに止める所の溶接が何回か外れたそうです。(左右)
現地でこのように修理しました。

こちらはリヤの修理箇所。

シートステーに補強板を当てて上手に修理しています。
お見事!!

■部品交換リスト

○タイヤ:82本
○パンク:300回以上
○ホイール:3回
○ぺダル:5回
○サドル:4回
○チェーン:15本 (従ってスプロケットも交換と思われます。)
○テント:5回

フレーム tube: unknown lugless size: 550mm top: 545mm
ヘッド小物 RB661?
ハンガー小物 SHIMANO Deore
Wレバー SHIMANO
Fメカ SHIMANO
Rメカ SHIMANO "Allivio"
チェーンホイール SHIMANO Deore 175mm 46×32×24
チェーン unknown
ペダル "PRIMO"
ガード HONJO
タイヤ SCHWALBE Marathon XR 26 1.95
スポーク Stainless 2.0mm
ハブ SHIMANO Deore LX 36H
スプロケット SHIMANO 12〜32 8speed
サドル SQ-lab
ピラー TITAC?
ハンドルバー NITTO Mod.185?
バーテープ Rev X  Leather
ステム NITTO Tecnomic 80mm
ブレーキレバー SHIMANO aero type
ブレーキアーチ SHIMANO Deore LX
ボトル Poly tank 3L
ボトルケージ velo WOOD-BELL original

■編集後記

今回の中西さんのDAISUKE BIKEですが・・・・小生初の世界2周ツーリングマシンの取材でした。大体において世界一周ツーリングレポート(または本)では旅行記がメインでこういう「どういう自転車で」というのを詳しく書かれてあるというのはあまり見た事ありません。自転車雑誌で見かけても小さい写真では良く分からず、いやその・・・もっとハッキリ知りたい!!という人は案外多いのではないでしょうか?
今回のレポ−トはある程度そういう方々の要望に沿えたのではないかと思っています。で小生なりの感想ですが・・・・やはり形式は昔のオーソドックスなCAMPING車で部品は今時のMTB用を採用しています。でタイヤサイズが26HEで世界中で交換可能・・・・という事で非常に考えられた部品構成になっていると思います。実用本位で趣味的な箇所は見当たらず、きわめて実戦的なマシンに仕上がっている、と感じています。今はMTBスタイルのマシンが全盛ですが、小生はこういう伝統的なマシンの方が好きです。今後世界へツーリングに行かれる方々はこのレポートを参考にして頂けたら・・・・と思います。今回のレポート製作にあたり中西様には大変お世話になりました。この場をお借りしまして厚くお礼申し上げます。最後まで見て頂いて有難うございました。

1998  WOOD BELL  CAMPING  "Daisuke Bike"

DAISUKE BIKE 部品仕様表