京都北山音楽キャンプ&花見ポタ

■次回音楽キャンプスケジュールタタキ台

実施:○月○日~○日 1泊2日  
会場:ペンション愛宕道

1日目:昼頃道の駅ウッディ京北集合~ランチ~宿へ行ってクラシックテニス~夕食~PM8~コンサート

2日目:京北をサイクリング コースはまだ未定   PM2~3頃解散

1日目テニスしない人は適当に走りに行ってテニスの人は・・・・・・・個人的に昔のウッドラケットで当時のコスチュームで往年の黄金時代のテニスなんか良いんじゃないかと思っています。まあ縛りではなくて現代のものでももちろんOKです。
・・・・・なんてのを春秋2回程度出来たらこれ、なかなか素晴らしいんじゃないかと思っています。、コンサートのレベルは・・・・・なかなか高いと個人的に思っているので(?)非常にアカデミックな企画になりそうですよね。
・・・・・・てな感じでいかがでしょうか?レオさん、Kさん、大黒屋さん・・・・・???一風変わったこの企画ですが、次回はレオさんのCello仲間や大黒屋さんのリコーダーメンバーとか、メンバーを若干増やして愉しめたら・・・・・良いですね。


■編集後記

何年か前に音楽が趣味のサイクリストのレオさん、大黒屋さんに同じような音楽キャンプを提案したことが有ってなぜがお流れになってしまって何年か経ってやっと実現しました。で1口に音楽と言ってもいろいろあってロックやジャズなんかも良いとは思うのですが、この集まりでは申し訳ないですが、クラシック、バロックになっています。Mozartや、Beethoven、J.S.Bach.、Chopinなどの格調高い音楽がやはり落ち着いて良いですね。まあ希望者が多くなってJazzを是非・・・・ということにでもなればするかも(?)知れませんが・・・・・???楽器を演奏するというのはある程度の音楽の知識が必要で音を出しても良い環境、で良い楽器、出来たら良い先生、もう1つ言うと練習仲間がいた方が断然愉しいですね。でレッスンを受けて年に何回かは一流の演奏家のコンサートにも出かけて行って良い演奏を生で聴く・・・・・・というのが理想的スタイルですね。今回このような何というか、いろいろな愉しみの中にコンサートもあるというスタイルで行いましたが(レオさんの提案です)大賛成ですね。今後とも定期的に行われることを切に願っております。




                                 戻る       TOP

・・・・・・それではGuitarの表現力を見て聴いて頂きたいと思います。

左のyou tubeは当日大黒屋さんが演奏されたBeethonven Piano sonata 第8番第2楽章です。
Guitarで演奏するとこのようになります。Pianoはハーモニックスは不可能なんですが、Guitarではオクターブ音が高く響いて良い感じですよね。


・・・・実は楽譜探していますが、ちょっと見当たらないので耳コピで採譜してちょっとやってみたいなあ・・・・と密かに考えています。






■コラム Classic Guitarの 実力

興味のない方は読み飛ばして頂いて・・・・・・せっかくの機会ですのでわがClassic Guitarについてちょっと書いてみます。その昔はギターはサイズは小さく弦もいわゆる羊の腸のガット弦で音は小さく今のようなコンサートに使用出来る楽器ではありませんでした。
J.S.Bachの時代は日本の琵琶に似た形の楽器のリュートがもてはやされていました。バッハはこの楽器のための作品を多数書いています。写真は・・・・・・・

左はバロックリュート、右は同じバロックリュートの仲間のテオルボです。音は繊細で優雅ですよね。調弦が大変でジョークにリュート弾きは「80年弾くとしたら調弦に60年費やしている」というのがあります。弦の入手や交換も大変で13コースバロックリュートでは弦は24本、ほぼ半日仕事になります。

リュートは3コース以降は複弦で(ギターは単弦ですが)2本で1コースです。演奏も弦を交換するのも調弦も大変という事でギターが出現します。


1852年、スペインバレンシアにFrancsisco Tarregaと言う人が生まれます。ギターの才能を持った人で作曲や編曲、演奏に優れて合わせて当時の名工、Antonio de Torresと共に現在のギターの原型を完成させます。Torresは現在も何本か残っています。

Antonio de Torres


・・・・・そして1893年、それまではスペインの一民族楽器でしかなかったギターをViolin、Pianoと同じ地位のコンサート楽器にしようと考えたAndres SEGOVIAが出現します。彼のおかげでギターはコンサート楽器として地位を確立することが出来ました。端的な例は1935年、パリでViorinの名曲、J.S.BACH  BWV1004 無伴奏Violin パルティータ第2番"Chaconne"をギターで世界初演して音楽関係者をあっと言わせました。↓世界的Violin演奏家ハイフェッツ演奏 "Chaconne"

https://www.youtube.com/watch?v=1xhCdyQ_8Wg


↓Guitar版 Segovia演奏 "Chaconne"

https://www.youtube.com/watch?v=zcGt9AFlIPY


■興味のある方は是非聞き比べてみて下さい。Guitarの持つ表現力に驚くのではないでしょうか?今ではGuitarコンサート曲目の重要レパートリーになっています。

当日 Cello 、Guitar, リコーダーで全員合奏で演奏した
ホルスト「木星」 Jupiterです。

その編成のyou tubeが見当たらなかったのですが、リコーダー4重奏もなかなか良い感じです。実はリコーダーは種類が沢山有ってソプラノリコーダーからバスリコーダーまで様々なバリエーションがあります。 

2日目の朝です。雨が降っています。
さあどすっぺ?


とりあえず・・・・・車で桜の名所をいくつか廻る事に。

小生です。この「河野賢」ですが、国内ギター製作家では当時唯一金賞を受賞しています。'70年代の楽器はスケール(弦長)は660mmでやや大きく、現在は650mmが標準となっています。小生は大きいのでまあ合っています。

Guitarの銘器は大変高価でとても手が出ません。「ギターの神様」SEGOVIAの愛器だったスペインJose Ramirez "125周年記念モデル"です。↓

Jose RAMIREZ 125 Aniversario

小生の楽器は当たりだったのか、40年以上経った現在でも狂いはまったくないです。1度フレットを交換して塗装やり直してもらっています。

河野ギター製作所

大黒屋さんです。最近、Grand Piano購入されたとかで・・・・いや、凄いですね。

Pianoはやはり音が上品できれいで素敵ですよね。参考までにSteinway & Sons フルコンサート D-274モデルです。

Steinway & sons full Concert D-274


国内製品では最高級品YAMAHA CFXです。

YAMAHA Grand Concert Piano CFX

※大黒屋さんが購入した楽器ではないです。

・・・・・という訳で愉しく音楽キャンプを終えることが出来ました。いや~~~~~~画期的な企画で良かったです。このような企画が有ると・・・・練習にも熱が入るというものですよね。

Piano Cello ,Guitar、Recorderという楽器構成なので独奏や二重奏など工夫したらなかなか楽しめますよね。今後が愉しみです。期待しています。



黒田の案内図です。このあたりはあまり来た事なかったです。サイクリングでも良いコース沢山ありますね。

ここは・・・・常照皇寺です。ご覧のように丁度の時期でしたが・・・・生憎の雨・・・・・・・ぐるっと廻って来ました。

黒田の百年桜です。

雨でも人出は多かったですね。

全員揃って朝食です。愛宕道さんの朝食も大変美味しかったです。

今や関西Cello界御大のレオさんです。(笑)今回Celloの名曲の数々を聞かせて頂いて有難うございました。まだ3年位だと思いますが、かなり上達されていましたよね。

Celloもピンキリで高い楽器では数百万もします。映画「おくりびと」の主人公が弾いていた楽器が600万のCelloでした。Violinで有名なストラディバリウスはCelloも作っていました。

弓(Bow)ですが、高級品はなんと百万以上もします。

TOPバッターは・・・・・Kさんです。演奏順はどうするのかなあ・・・・・と思っていたら名乗り出て頂きました。以下大黒屋さん、レオさん、小生の順です。

あっりゃ~~~~小生が・・・・・トリ???

ペンション愛宕道さんの食事はフルコースで豪華です。食べきれないくらいあって美味しくて・・・・・・・

頂きまあ~~~~~~~~す。

夕食が始まりました。幸運にも今日の泊り客は我々だけ。

サイクリングをしてテニスを楽しんで・・・・その夜はいよいよコンサートです。果たして・・・・・・???手前のバスリコーダーは大黒屋さんが最近購入された楽器です。何本かお持ちのようで曲によって使い分けているようです。

■その夜・・・・・・・・

このような豪華な朝食でした。あとコーヒーも有りましたね。

■2日目は雨だったので・・・・・・・

Kさんのボーカル、レオさんのcelloの伴奏でイブモンタン「枯葉」です。Kさんもcelloを何曲か演奏されましたが、小生の知らない曲で・・・・・・

この「枯葉」が1番印象に残っています。

愉しい音楽合宿でした。是非また・・・・やりたいですね。