Classic 4-side Meeting 2010

ズラリ勢揃いしたいわゆる伝統的4サイドキャンピング車。今ではめったに見られない、非常に貴重な光景。

事の発端は確か去年だった思います。本当は去年の夏に行う事になっていたのですが、生憎例の転倒骨折で実施直前にキャンセル。
7〜8名程度は参加表明して頂いたのですが・・・・小生は2週間ほど入院するはめになってしまいました。トホホ・・・・・治って走れるようになったのが秋でこの4サイドキャンプミーティングは来年春あたりにしようと考えて今回になりました。
この4サイドキャンピング車ですが、所有者は非常に少ないです。持っているとしても倉庫の隅で何年もそのままで埃をかぶっていていざ走れる状態にするには要整備とか、マシンだけでキャンプ装備はないとか、キャンプの経験はほとんどないとか、いくつもの壁を乗り越えて今回4人のメンバーが集まったのでした。小生の場合は元が山屋でテント装備で3000m峰を縦走していましたからテント装備はすでにCAMPING車オーダー以前から持っていました。CAMPING車は出来てまだ6年です。比較的新しいマシンです。
今回、最初のミーティングということで比較的ポピュラーな場所で走行距離は短く抑えるということで富士五湖にしました。精進湖キャンプ場は環境が良くて非常にリーズナブルです。下見は5月連休に行って準備万端。それではレポートをどうぞ。

■6月5日 道の駅富士吉田〜河口湖〜西湖〜精進湖キャンプ場

集合地点の道の駅富士吉田。ここは・・・・ちょっと失敗しました。当日富士吉田祭が行われて超満車!!Pがない!!時間前には着きましたがPは凄く遠い場所になってしまいました。トホホ・・・・ズラリ並んだ伝統的4サイドCAMPING車。

時間前ですがスタートします。途中で食料買出し行う予定。なにやら久々にCAMPING車乗った方もみえたようで・・・・・(笑)

MAX- VALUで今宵の食料、アルコールなど仕入れて準備は整いました。!!今宵が・・・・・・楽しみです。

壁に立てかけた4台のCAMPING車を肴にCAMPING車談義。いや、この時間も非常に愉しい時間です。

河口湖畔の散歩道を走ります。

ここで目に付いたモノが・・・・・・???

目に付いたのは・・・・・競技用のボートです。

写真の艇は1番上がダブルスカル、下2艇はシングルスカルです。
国内メーカーは1社のみ、滋賀県の桑野造船というメーカーが製造しているそうです。
速さはほぼ時速20km、300mを1分程度で漕破するそうです。倉庫の中はズラッとボートが保管してありました。大部分は学校の備品だそうですが、個人所有の艇もあるそうです。

お昼になり、適当にお店に入って注文します。
本当は河口湖の向こう側に富士山が見えるはずなんですが・・・・本日は曇りで見えず。

各人バラバラにオーダー。

小生は牛丼だったと思います。
いただきまあ〜〜〜〜〜〜っす!!

ここでもスラリ並んだ伝統的CAMPING車。ここでも写真撮りまくりましたね〜〜〜〜〜!!

得意の後ろ向き撮影です。地黒団子奈さんとブリッジさん。

アルファさんは先行して行ってしまいました。
頂上の文化洞トンネルにて。

河口湖と西湖の間にある上り。短いので走っていけましたが長いと押しになります。↓ブリッジさん提供

文化洞トンネルの西湖側。'70年代みたいな風景です。アルファさんが待っていました。↓

西湖畔を走って行きます。往年の伝統的4サイドCAMPING車が4台連なって走っていくのは一幅の絵みたいですね。

西湖畔で記念撮影。左からアルファさん、地黒団子奈さん、ブリッジさん、akuta。記念すべき第1回クラシック4サイドミーティング参加者の皆さんです。この輪が大きくなるのを願っています。

西湖の案内板の前にズラッと勢揃いした伝統的4サイド
CAMPING車。ここでも写真撮りまくりました。

西湖は'80年、AITラリーが行われた想い出の場所です。世界中からサイクリストが集まって小生も3日間参加して良い想い出が出来ました。

フランスの女性サイクリストと知合いになり(日本語が上手でした)フランスパリに遊びに来て下さいねと言われましたが・・・・・未だにパリには行ってないですね。トホホ・・・・・

セントラルステー付強力なCAMPING車のアルファさん。
山の経験は相当おありのようです。

愉しいブリッジさんと地黒団子奈さん。
ピースサインをしてくれました。

精進湖の入口で東京からのご夫婦。
なんと今時珍しいお2人ともランドナーでの富士五湖サイクリングだと!!

あれやこれやで愉しい1時でした。

精進湖キャンプ場についてテントを張ります。
アルファさんのテントはエスパースですね。3〜4人用の比較的大きなテントとお見受けしました。

ブリッジさんのテントはモンベルムーンライト。
1番小型のコンパクトなテントです。

自転車ツーリングでは使用者が多いですね。

小生のテントはダンロップVL-2。
本格的山岳用の軽い2人用テントです。
11年選手でそろそろ買い換えたいですね。

3000m峰縦走や北海道、紀伊半島ツーリング、山陰ツーリングなど大活躍しています。
自転車のバッグ5ケと人間1人が入って必要最小限の広さです。

重い目をしてみさきやの焼肉、折り畳み式グリル、炭燃料など運んできた甲斐がありました。(笑)

夕刻になったので早速ディナーを始めます。
おっと!!乾杯をしたのですが・・・・写真撮ってなかったです。

アルコールも入って・・・・美味しい焼肉頂いて・・・・
自転車談義も弾んで・・・・愉しい精進湖の夜は更けて行きます。

写真のマグカップはアルファさんの作品。アルファさんは陶芸家です。個展なんか開催されておられます。小生もアルファさんのマグカップ1つ譲って頂きました。

すっかり暗くなり、雰囲気も良くなってきました。
焼きソバやおでんなども作って、いや、もう最高!!

アルコールも入って話も弾みます。どうでしょう、1泊のサイクリングでは1番リーズナブルだと思います。キャンプ場1張り\800、あと食事×3、後アルコールツマミ代くらいなものです。交通費別で\3000円〜程度で上がったのでは?

写真の後、エンエンと愉しい時間を過ごしたのでした。地黒団子奈さんは仕事で残念ながらPM9時あたりでお帰りになりました。

3人でPM11時あたりまで話してテントに戻って寝ます。いや、今日は愉しい1日だったなあ・・・・・それではおやすみなさい・・・・・・・・

■6月6日レポートは次へをクリックして下さい。

2010.7.8