スポルティーフによる琵琶湖快走サイクリングVol.1

我国最大の湖琵琶湖は周囲にそれこそサイクリングに適した道が多数あり、一大サイクリング天国のような場所になっています。休みともなると関西圏のレーシングクラブの面々がその健脚で快走しているのが目につきます。
以前からここで一つ、スポルティーフで快走サイクリングを実施したら・・・・これはちょっと面白いかなあ・・・・と考えていました。スポルティーフは今ではもう余り見られませんが、「快走」するための自転車です。レースではないし、かといってサイクリングのようにゆっくりとしたスピードではなく、少し速く走ります。仕立ての流儀はいろいろありますが、ここでは詳しく述べません。昔のNC誌N0.68、69.70あたりに詳しい解説が載っていますので、参照してみて下さい。

さて、掲示板でPRした所、5人の方のエントリーがあり、遠くはなんと、東京からGAMIさんが来て頂ける事になりました。
サポートも琵琶湖大橋の道の駅に一台UGの兄♭♭♭氏のハイエースを置いて頂ける事になり、コレで準備は万全?と考えたのですが、さて、我国最初?の記念すべきスポルティーフによる琵琶湖快走サイクリングはどのように行われたのか、
その顛末記をお楽しみ下さい。

実施日:4月9日
参加者:GAMIさん、UGの兄♭♭♭氏、いまきさんちさん、m-kojima氏、私の計5人。
コース:道の駅「近江母の郷」〜長浜市〜木之本市〜ドライブイン奥琵琶湖〜海津大崎〜今津〜
     道の駅「しんあさひ風車村」〜高島町〜道の駅「琵琶湖大橋米プラザ」  走行:約90km


ピックアップ地点でのUGの兄♭♭♭氏。もう彦根の手前あたりでした。その健脚には脱帽!!(驚)

今回ピカ一の車UGの兄♭♭♭氏のRene'Herse。
やはり・・
本家本元の車は風格が違います。

それでは今回参加者のお車を拝見。

m-kojima氏はペガサスの車。ヒゲの長いラグが特徴的でした、

GAMIさんの車はNAKAJIMAの700×23C。輪行も
簡単に出来るように工夫されています。

いまきさんちさんのEVEREST。主なコンポはカンパ・ヌーボレコードでした。

私の車はもちろんTOEI。もう25年選手の、人間でいえばおじいちゃんになる?(笑)

今回は賤ケ岳旧隧道を行きました。隧道の前で記念写真・撮影:UGの兄♭♭♭氏。

隧道を抜けると・・・そこに待っていたものは・・・?

素晴らしいまるで絵みたいなパノラマでした。
ちょっとここで休憩を取ります。
遠くに奥琵琶湖パークウェイが見えます。

ドライブイン奥琵琶湖でちょっと休憩を取ります。
休憩すると・・・自転車談義が始まります。(笑)

琵琶湖岸道路を快走!!ヒャッホー!!

この先に桜の名所、海津大崎があります。期待に胸がふくらみますが・・・・?

m-kojima氏の車のガードをちょっと修理します。
この日は小さなトラブルがちょっとありました。

期待していた桜は・・・・まだつぼみでした。トホホ・・・
去年はほぼ同じ時期で満開でした。

なぜか一本だけ咲いていた桜の木

咲いていたただ1本だけの桜の木の下で・・
記念写真。

このあたりは本コースのハイライトですね。
桜が満開だったら・・・・もう最高!!です。

ウ〜ン、惜しいなあ・・・ 天気は最高!!なんですが・・・・?

UGの兄♭♭♭氏もR・HERSEで快走!!

本日のピカ一のフォト。ウ〜ン、デスクトップの写真になりそう・・・・? これだけでも・・・・走った甲斐がありました。

しかし・・・30cm横を観光バスが・・・くわばらくわばら・・・ヒェー〜〜〜〜!!そうまでしなくても・・・・

そうやって奇跡的に撮った写真。何台も車が横切って
います。(驚)UGの兄♭♭♭さん、有難うございます。

縦位置でも素晴らしい一カットです。
ウ〜ン、一幅の絵ですね。

GAMIさんが珍しくパンク。ビットリアの素晴らしい
タイヤを履いていました。最新のゼファールのポンプでカンカンになりました。

昔の今津港の跡にて。楽しい遊歩道になっていました。

東京からお越しのGAMIさん。今日は楽しめました
でしょうか?

道の駅「しんあさひ風車村」で昼食です。

すみません、こちらを向いて下さ〜〜〜い!!

道の駅到着時間はPM12時過ぎ。大幅に遅れています。先程のパンク修理した時点で今日の150km快走はちょっと無理・・・・との判断からゴールを道の駅「琵琶湖大橋米プラザ」にすることに決めました。ここには幸いな事にUGの兄♭♭♭氏のハイエースが置いてあります。まあ、万が一の事を考えて、UGの兄♭♭♭氏のご配慮でしたが・・・
今日のメンバーでは使う事は、まずないだろう・・・・と保険の意味でしたが、このままうまく行ってもスタートの「近江母の郷」はどう頑張ってもPM6時半以降になってしまいます。トラブルが何か有ったら・・・・?まあ、楽しく1日が過ごせたらそれも良いのでは?と参加者の皆さんには了解を頂きました。主催者の力量不足がこの時はからずも・・・露呈した格好になってしまいました。

ストーリーはこれだけではまだ終わりませんでした何か悪い物を食べたのか、お腹の具合が昼食後からおかしくなって、調子が出ません。アレ〜〜〜?ペースが上がらず、やはり、米プラザでジ・エンドとした方が良いみたいでした。
まあ、写真を撮ったり、自転車談義も随分しましたが・・・・(これが一番大きい原因?笑)

高島町でいまきさんちさんがパンク。で例のモノを・・・・

アッ!!これ、エエやんけ〜〜〜!!(笑)タイヤのセンターを出してからソロソロ剥がします。

道の駅米プラザに予定通り到着。
お疲れ様でした。

いや、UGの兄♭♭♭氏の車が置いてあって
ホント、良かったです。

UGの兄♭♭♭氏のハイエースは5人と5台
載ります。凄い!!

GAMIさんを米原駅まで送って行きます。
本日はお疲れ様でした。

どうしても手に入らない方・・・・メール下さい。コピー差し上げます。

2005.4.10

記念すべき最初のスポルティーフによる琵琶湖快走サイクリングのメンバーです。本日は参加どうも有り難うございました。写真提供:UGの兄♭♭♭氏。

編集後記

距離が長くなり、メンバーの人数が増えれば増える程、計画通りの遂行は難しくなる・・・・・と言う事を身をもって体験したサイクリングになったような気がします。メンバーの気心をつかむ、また、チームワークというものがいかに大切か・・・と言う事も重要な事です。今回ははからずも150km完走は出来ませんでしたが、中身は・・・なかなかの物ではないか?と自負しています。快走あり、自転車談義、素晴らしい琵琶湖の景色、楽しいメンバー、桜は・・・・ちょっと早かった?(笑)これに懲りずにまた秋もクラシックロードレーサーで走ろうかなあと考えておりますので・・・・
よろしくお願いします。
ちょっと普通ではない、今ではあまり省みる事も無い昔のクラシックな車で行いますので、その様な事が好きな方
のご参加を心よりお待ちしております。参加資格に「クラシックな車」としておりますが、現代の車しかない、でもどうしても参加したい、と言う方は・・・・個人の行うサイクリングですので・・・・基本的にOKとします。
今回は特に・・・遠い所より参加のGAMIさん、回収車を手配して頂いたUGの兄♭♭♭さん、大変お世話になり、どうも有難うございました。良かったら・・・また次回もよろしくお願いします。