八ケ岳赤岳・阿弥陀岳山行2013

行者小屋から見た八ケ岳赤岳の雄姿。登行意欲がもりもり湧く?と思いきや、標高差約600mもあり、チト心配になったのでありました。トホホ・・・・・・・

■8月11日 美濃戸口〜行者小屋〜文三朗尾根〜赤岳〜頂上山荘(泊)                  2013.8.16 

ユーペンYHから車で1時間で美濃戸口です。Pは1日500円。

ここで純米酒さんと合流、5人で歩いて行きます。最初は林道歩きです。

やまのこ村に到着。

←このあたりはまだ暑いですね。もくもくと歩きます。

赤岳山荘に程なく到着、美濃戸山荘を通り過ぎてここから南沢に入ります。当日は登山客が多数来ていました。

このあたりは針葉樹の木陰があって良いですね。

←八ケ岳の看板で記念撮影。この先で南沢に入って登山道になります。

だんだん標高を稼いで行きます。日向はまだ暑いです。

                                 登山道はこんな具合です。→

適当な木陰でランチタイム。本日のメニューは・・・・・写真を撮り忘れましたが、コンビ二弁当です。このような場所では大変美味しいですね。

■美濃戸口〜行者小屋

針葉樹の中をもくもくと登って行きます。行きも下りも登山者はこのコースは多いですね。

・・・・・やがて稜線が見えて来ました。「オオ〜〜〜〜〜〜〜!!」

←↑稜線が見えて来て皆さん、この景色に嬉しそうです。

ここまで来たら行者小屋は近いです。この時は・・・・心の中で行者小屋はまだかなあ・・・・・と思っていました。

行者小屋に到着。ちょっと休憩して行きます。コースは文三朗尾根から登ることになりました。

あまりの暑さに買おうかなあ・・・・と思ってしまいましたが・・・ハッと現実に戻って・・・・・・(笑)

行者小屋で小生です。

行者小屋右手正面に今回の目的地の八ケ岳主峰・赤岳(2899m)が見えています。標高差は約600m。

■行者小屋〜文三朗尾根〜赤岳頂上山荘(泊)

休憩も終って・・・・・さあ、出発!!

ヘリで荷揚げした物資です。

行者小屋がもうあんなに小さく・・・・・この階段が曲者できつかったです。

                   登りの途中から見た稜線です。→

文三朗尾根の分岐。ここまでがいや、きつかったです。

        その先は鎖場がありまして・・・・・ここも急傾斜です。→

鎖場を登り切って・・・・・ここまで来たらもうすぐです。

                     とりあえず頂上で1枚。→

なんとか無事に頂上山荘に到着しました。時刻はPM5を廻っていました。ウ〜〜〜〜ン、本来はPM3までに着かないと・・・・・・というのが山での鉄則です。

山小屋の夕食です。こんな具合。

←山小屋では雑魚寝がフツーで一応個室もあります。さて今日は疲れているのでぐっすり寝られそうです。

・・・・・という訳で10とウン年振りに2900m峰へ行ってなんとか無事に頂上山荘まで着きました。天気はなんとか明日も晴れの様で・・・・・・とにかく今日は疲れました。風呂は基本的にないので夕食が済んだら寝るだけです。PM8には消灯になって電気は消えました。それではお休みなさい・・・・・・


■8月12日 頂上山荘〜赤岳〜阿弥陀岳〜美濃戸口レポートは次へをクリックして下さい。