2016.7.17

オオヤマレンゲに会いに八経ケ岳へ

■プロフィール                     

やっと奥駆道出会いです。ちょっと休憩します。水がどんどん無くなって行く~~~~~!!

■前回1993.6.27 八経ケ岳山行

弥山(1895m)にも行きました。vivva2000さんが・・・・・・・

その間にsyokoraさんがコ-ヒーとデザートを用意してくれていました。またまた感謝しかないです。ゴチになりま~~~~~~す!!

山の上でドリップの本格珈琲とデザートが・・・・・・
いやこれ・・・・・何といったら良いのでしょう???

贅沢・・・・しあわせ・・・・・生きている喜び・・・・・・???
「山歩き」の共通の趣味でこのようなつながりというか連帯感が生まれて今日は参加して本当に良かったです。

PM4時半、無事に下山しました。
今日は・・・・記念すべき第1回サイクリストによる八経ケ岳山行が成功して本当に良かったです。次回もある様でしたら是非参加したく思っております。本日参加して頂いた皆さん、有難うございました。

登山道が狭くなって来て・・・・・この両側にオオヤマレンゲが可憐に咲いています。アチコチで撮影大会で登山道は大渋滞。




沢にかかる丸木の橋にて。    (写真提供syokoraさん)

あれはそう、山行に熱中していた頃で1993.6.27に仲間3人で行きました。
その頃はオオヤマレンゲの事など全然知らずに目的といえば「近畿最高峰に登りたい」という極めて単純なモノでした。

当時はまだ行者還トンネル西口Pは無料で誰もいなかったですね。当日は朝から凄いガスで全然見えませんでした。3人共体調は万全でスイスイ登って割とあっけなく頂上に着きました。

で・・・・頂上からのパノラマを見てないので・・・・今回はその23年前のリベンジのつもりで参加して来ました。今回はなんとか天気も持ってパノラマを見る事が出来ました。

■レポート

■コースマップ         登山口より八経ケ岳頂上標高差:821m      歩行距離:約13km

頂上で全員で記念撮影。ヤッタ~~~~~~~!!

可憐に咲いているオオヤマレンゲ。ピークは先週とのことでしたが、つぼみもあって時期はピッタリでした。見られて良かったです。

なんと・・・・vivva2000さんが特製枝豆入り味噌汁をふるまってくれました。ゴチになりま~~~~~~す!!

早速ランチです。小生はいつものおにぎりとカップ麺です。

弥山小屋に到着。朝が早かったので早速ランチとしました。

弁天の森に着きました。出会いから弥山小屋までの半分も来てないです。まだ少しあります。

左には今日の目的地、八経ケ岳(1915m)が見えています。

弥山小屋が見えてきました。あそこまで上がります。

弁天の森に先にある理源大師像。済みません、小生詳しくは無いのでこの方がどういう方かはあまり知りません。

登山口から奥駆道出会いまでが1番キツイですね。ここを乗り切ればあとは比較的楽です。

最初は歩きやすい道です。がそのうち・・・・・

時期は梅雨のころ、夏の初めに近畿最高峰の八経ケ岳でオオヤマレンゲという可憐な花が咲きます。そうまさに今頃で今回は単独行ではなくて・・・・・小生は画期的な事だと考えていますがサイクリストで山歩きも趣味の両刀遣いのメンバーで今回パーティーを組んで行こうということになり・・・・・そのメンバーに小生がなんと誘われまして・・・・今までこのようなオフ会はあまりなく今後年に何回か行われるみたいです。今回の八経ケ岳がその第1回目ということで・・・・・7月9日開催の予定が雨で10日になりその日は小生も参加可能なので「これは行かなくては!!」と準備をして参加して来ました。メンバーは・・・・vivva2000さん、syokoraさん、大黒屋さん、小生の4人です。人数ですが、この辺がベストだと考えています。車2台以上(8人~)ではもう纏まりもつかなくて列も長くなり・・・・・この時期、暑くて行程はちと大変かなあ…と思っていたのですが、意外と涼しくて良かったです。時折涼風が吹いて来てなかなか快適でした。

■実施:2016.7.10
■参加メンバー: vavva2000さん、syokoraさん、大黒屋さん、小生の計4人
■コース:行者還トンネル西口AM8~奥駆道出会い~弥山小屋AM11~PM12(ランチ)~八経ケ岳PM12:30~弥山小屋PM13~奥駆道出会い15:20~行者還トンネル西口PM4:30

                                                         

■編集後記

小生が山歩きに目覚めたのは・・・・・'86年であれから30年。きっかけはパスハンターで峠越えをしていて自転車では峠からの景色しか見えず、この景色ももちろん素晴らしいのですが、山歩きならば山のピークから全部見えます。360度さえぎるもののない全周囲の景色を見ることが出来ます。その違いは凄く大きくて・・・・・昔の本で山岳サイクリング研究会編「MTBツーリングブック」という本があってその中で「パスハンをやるなら山歩きもした方が良いと載っていて「フ~~~~~~ン、そうなんだ・・・・」と思って靴、ザック、雨具を買って最初の山は家の近くの鈴鹿山系だったと思います。サイクリングの時の峠からの景色と比べて山のピークから見たパノラマは360度全周囲で素晴らしかったです。それ以来嵌ってしまって・・・・・ゆくゆくは深田100名山を達成したいなあと考えています。この集まりもこのメンバーで年に何回か行けたら・・・・・・夏には3000m峰とか冬の厳冬期は近場の雪山ハイキングなんか行けたら素敵かなあ・・・・と考えています。次回が非常に楽しみです。



                                戻る       TOP

家をAM4に出て天川村で合流、1台の車で行者還トンネル西口に向かいます。Pは有料で1台1日1000円です。丁度オオヤマレンゲが見頃と有って上は満車で下のPに廻されました。

遠くに弥山小屋が見えています。頂上はちょっと雲が多かったですね。遠くのピークは山上ケ岳。(1719m)

本日のピカイチの1枚。向こうのピークが八経ケ岳です。

登山口入り口で全員で記念撮影。
(写真は縮小しています)