2016.11.4

夜叉ケ池から三周ケ岳

去年は雨に降られて夜叉ケ池で撤退してしまった三周ケ岳ですが、今年は是非頂上を極めたいと思って去年とほぼ同じ時期に企画して行ってきました。この山ですが、特に紅葉の時期が素晴らしいです。岐阜県側登山口からの登山道がブナやナラの黄葉や紅葉で彩られていや~~~~~~~歩いていて気持ち良いです。実はこの山ガイド本で知ったのですが、この時期に来る方非常に多いですね。家族連れや山岳会、はたまた気の合う登山仲間達など登った日はそう、数十人以上もいましたかね?いずれも夜叉ケ池に登って三周ケ岳に行くという方が多かったです。サイクリングでも大変良い時期なんですが、小生の場合は山歩きの割合がちょっと多くなりますね。で紅葉の時期はPがすぐ満車になります。早めに来た方が安心です。後半夜叉ケ池からはヤブ漕ぎになりますので特に雨が降って後の場合は要注意です。熊笹が濡れていたらシャツやアルパインパンツなどはもうドロドロになってしまいます。今回はほぼ晴れの良い天気だったのでなんとかOKでした。

■登高:2016.10.30
■コース:登山口~夜叉ケ池~三周ケ岳~夜叉ケ池~登山口 歩行距離:約8km



■ルート図

■プロフィール

ヤブ漕ぎの行軍が続きます。いやはや・・・・・・・1番左の山が三周ケ岳。

頂上より白山方面。霊峰白山、能郷白山、御岳など見えています。御嶽は今日も噴煙を上げていました。

帰り、夜叉ケ池に寄って休憩して行きました。前回は凄いガスで見えなかったのですが・・・・・???

PにはPM2に到着。結構早く着きました。前回車がパンクしていましたが・・・・今回は大丈夫でした。

三周ケ岳が見えました。AM8スタートでここまで1時間15分です。

県境尾根です。向こう側は福井県です。

前を数人のパーティーが歩いています。

後から後から人が来て狭い頂上は満員御礼。座る場所も無いという・・・・・・





←AM10:50に登頂。このあとランチにしました。メニューは前回霊仙山と同じです。代わり映えしないなあ・・・・・

登山道は県境尾根を忠実にトレースしています。もうこの辺からヤブ漕ぎが始まります。



                           これはまだ良い方→

迫力がある夜叉壁。思わず見上げてしまいました。

この辺は本当に美しかったです。いや~~~~~~どこを取っても絵になりますね。

ぐるっと見渡してみても・・・・・・おお~~~~~~!!今日は凄いです。



                 泉鏡花の小説で有名な夜叉ケ池の石碑がありました。

AM5に家を出てAM8前に着きましたが・・・・・Pはほぼ満車。何とか止められました。去年より早かったです。

■編集後記

やはりというか、例のオーダーメイド登山靴GOROを入手してから山行が増えました。足にピッタリ合って快適に歩けます。自転車もこの時期は一番快適に走れるのですが、体は1つです。どちらか選ばないといけません。で美しい紅葉を見ようとするならば必然的に山行になってしまいますね。このところ単独行が多かったのですが・・・・・・最近はショコラさん達のメンバーに加えさせてもらっています。足が揃って趣向が同じならばこれほど楽しい山行は無いかなあと考えています。紅葉が終わったら次は冬山ですが・・・・近郊の1000m級未満の山だったら夏山装備+雪用スパッツストック、アイゼン、防寒具程度で行けます。紅葉もきれいですが綿帽子をかぶった純白の雪山もこれまたきれいで是非何回か行こうと考えています。スノーシューも持っているので是非霧ヶ峰、八ケ岳あたりでスノーシューハイキングなど行けたら、と思っています。


                                戻る       TOP

熊笹ですがのこの辺では人の背丈位あります。

頂上より鯖江福井方面。遠くまで良く見えました。

三周ケ岳登頂まであと・・・・20分?もうすぐそこです。

神秘的な夜叉ケ池。標高は1099mの位置にあります。木道があってすぐ脇まで行けます。

夜叉壁が見えました。登山道は凹んでいる所を上がって行きます。いや~~~今日は良い天気で美しい紅葉が見られそうです。

美しい登山道。なんでもないような気がしますが・・・・・・
健康で天気にも恵まれてこうやってポクポク歩くことが出来るというのはこれ凄い幸せな事なんだなあと思っています。

登山口より。おおっ!!今日は天気も良く期待出来そうです。わくわくして来ました。

■レポート