フレーム Tube:Columbus EL
Lug: TOEI Original lug type A
size:530(c_c) TOP:540
ハブ Campagnolo Super Recpord SFQR 36H
フリー Campagnolo 13×14×16×18×21×24
サドル IDEALE 88 Titanium wire
ハンガー小物 Stronglight Titanium triple ピラー Spidele 27.2mm
ヘッド小物 Campagnolo Super Record Pista ステム TOEI  Original titanium bolt
Wレバー Simplex Criterium ベル SONNET
Fメカ Campagnolo Record ハンドルバー NITTO Lightweight Model
Rメカ Simplex LJ4000  prototype バーテープ Gaslo Cotton
クランク Stronglight 49D ブレーキレバー MAFAC pro-motion
チェーンリング TA Randonneur 50×46×36 ブレーキアーチ MAFAC Competition
チェーン REGINA America ブロックダイナモ JOS Type "B"
ペダル Campagnolo Super Record starada バッテリーランプ Halogen Battery
クリップ ALE light alloy テールランプ ledlite
ストラップ Campagnolo リフレクター JOS CB
ガード HONJO ボトル TA
タイヤ Grand bois 700×23C ボトルケージ TA
リム MAVIC Module-E 700C 36H ポンプ Zefal
スポーク DT  light alloy nipple Fキャリア TOEI  Original 6mm light alloy

No50

2009.10.23

2007  TOEI  DEMONTABLE  Special  Lightweight  Model   
weight : 9240g

■編集後記

お陰さまでこのクラシック名車アルバムも50台目を数えるに致りました。なんか聞いた所によるとこのアルバムに私の自転車を是非載せたい・・・と考えている方も見えるそうでも編集者としては嬉しく思っております。このアルバムの自転車は・・・・申し訳ないですが、私の独断と偏見で選ばせて頂いています。時代は1番美しいゴールデンエイジ、美しく纏まっている、部品同士のバランスが取れている、組み立てが決まっている、あまり見られない貴重な自転車、はたまた最新の部品使用でクラシック風にうまく組立ててある車・・・・などなどが選ぶ基準ですが・・・・何もこの通りではなくて、美しい、凄い!!と思った車はなるべくお願いしるのが現状です。今回の車はいかがだったでしょうか?これ程までに細部まで気を配って組み立てた美しい車はあまり見たことありません。また驚異的に非常に軽く出来ています。TOEI社はフレームだけではなくてチタンネジ類やアルミ製キャリアなどもオーダーで作っています。今回は本当にSpecialな車を拝見させて頂きました。U野さんの全面的なご協力に感謝してこの場をお借りしまして厚くお礼申し上げます。最後まで見て頂いて有難うございました。

50台目クラシック名車アルバムは この車、軽量デモンターブルです。デモンターブルとしては多分、日本一軽いのではないでしょうか?細部に渡って拘って製作されました。今後デモンターブルのオーダーを考えている方は良いお手本だと思います。カラーはシルバーメタリック。

この車の写真を撮影してキャプションなど頂いて・・・・ウ〜〜〜〜ン!!とうなってしまいました。車種は軽量車にはなりにくいデモンターブル、しかも部品はただ軽いだけの部品を選ぶのではなくて美しくてなおかつ軽いゴールデンエイジのもの、部品同士も時代的にバランスが取れるように的確に選んでいます。完成車シルエットも非常に美しく、重量も9240g、私はこれ以上のデモンターブルは・・・・知りません。それではオーナーのコメントです。

製作年度は一昨年でしたので、2007年です。その年のポリーのテーマだった“軽量車”に合わせてつくったものです。東叡社のかなりの力作だったと思いますが、大阪の川上氏の手作りチタンスポルティーフが第一位になり、それに次いでの二位となりました。重量は9240gだったと思います。ある意味では付けなくてもよかったブロックダイナモを外せば8kg台になるかと思いますが、あえて昔のイメージを出したかったことから、普通のデモンタと思わせて、持ったら「あれ軽いや!」と言わせれば面白いかなというところをねらっています。
前につくったデモンタは、以前に何度かNC誌に掲載されたこともありましたが、学生時代にオーダーした関西方面の第1号車でした。ナショナルのデモンタや田川デモンタの見本となりましたが、いかんせんこの歳になりますと重くて、やはりもっと軽いのが欲しいと思っていたところに、ポリーのテーマが決まり、それを契機にオーダーしたものです。

SPECIAL THANKS : U野さん

チェーンホイール。

軽いクランクは他にいくらでもありますが、やはり定番のStronglight49D 170mm、左クランクに見えていますが、裏側はフライスで溝を切ってあります。

リングはTAランドナー旧刻印、50×46×36、なお6ピンはTOEI製チタンピンです。

チェーンは中空のREGINA AMERICA、ペダルはチタンシャフトのCampagnolo Super Record Stradaです。


見えませんが、ハンガー小物はStronglight チタン製トリプル用です。またカップリング下あたりにチェンジワイヤー用ジョイントがF用R用2ケあります。

リヤメカ。

リヤメカはSimplex LJ4000 プロトタイプ(試作品)。
この写真からもお分かりのようにパンタ裏アームに大穴、ケージにドリルホール、ちょっと分かりにくいですが、プーリーにも穴が明けられています。さらにもっと言えばワイヤー止めボルトはTOEIチタン製のようです。

フリーは Campagnolo アルミフリー13×14×16×18×21×24  6speed。

この写真からもお分かりのようにクイックナットはVIVAのアルミ製、向こう側のハウジングも同アルミ製に交換されています。

細かい所でアウターはCLBアルミ製アウターです。

サドル。

一見、普通のIDEALEに見えますが・・・・当然チタンベース♯88です。このサドルも今非常に入手しにくいですね。

ピラーはスピーデル27.2mm。場所は不明ですが、軽量加工してあるそうです。


この車は細かくオーダーしたのではなくてTOEI社におまかせだったそうです。ネジ類などはアルミ製、もしくはチタン製に交換されていて、シートピンもチタン製と思われます。

美しいヘッド付近。

ラグはTOEI Aタイプ、チューブはColumbus EL、ヘッドセットはCampagnolo Super Record Pista。

ステムはコラムクランプタイプではなくて一般タイプのもの。しかしながらクランプボルトや 引き上げ棒はチタン製になっています。

ハンドルバーは日東軽量モデル。

当然のことながらデモンタ−ブルではベアシステムになります。
またチドリは1番軽いMAFAC純製のものを使用しています。

Fキャリア付近。

キャリアは細い6mm程度の軽合金製(ムク)。ブレーキアーチはMAFAC Competition刻印のもの。

向こう側に見えているブロックダイナモはJOS type "B"
バッテリーランプは小型のハロゲン球タイプ。


ヘッドマークはバッジではなくてシートと同じデカール(!!!)になっていますね。

Fハブ。

ウ〜〜〜〜〜〜ン、ここまでやりますか?というような写真。
ハブはCampagnolo SFQR36Hですが、中空シャフトはチタン製のもの。

クイックナットとハウジングは前出VIVAアルミ製。

よく見るとDTスポークは4本組になっています。この張り方でわずかですが、スポーク長は短くなり、その分軽量になるという寸法です。ニップルは当然と言うか、軽合金製になっています。


エンドのステーアイは少しザグッてダルマネジステー止めは無くても固定出来るようにしています。

ブレーキアーチ。

ブレーキアーチはMAFAC Competition刻印のもの。
で・・・・当然の事ながらいわゆるギロチンボルトもVIVAアルミ製に交換されています。

チドリはMAFAC純正のものがTOEIチドリより軽いのでこちらを選択されています。

ヘッド付近。

どこまでも端正なTOEI Demontable。Fキャリアは6mm程度の細い軽合金製(ムク)、なおかつ真中の補強パイプは省略してあります。

軽くてなおかつ美しい部品ばかり採用してあるのがお分かりと思います。

ハンドルバー付近。

ハンドルバーは日東軽量タイプ。
ブレーキレバーはMAFAC プロモーション。このレバーは白と黒があり、この車は白を採用しています。

アウターは1番軽いCLBアルミアウター。

バーテープはガスロ。驚きべき事に各社製コットンバーテープの重量を測って1番軽いガスロを採用したそうです。

ペダル。

ペダルはCampagnolo Super Record チタンシャフトのもの。'70年代後半まで販売されましたが、数は非常に少なかったと思います。

クリップはALEの軽合金製。
トーストラップはCampagnolo。

ステム左側。

ベルはSONNET。昔は多数あって非常に安く手に入りました。チンカンベルの元祖的なベルですね。このベルは穴あけ加工してありますが、U野さんが学生時代に開けたそうでそれをずっと持っていて今回採用したそうです。

ハンドルバーは日東軽量モデル。
ステムのクランプピン、引き上げボルトはチタン製。

ブロックダイナモ。

ブロックダイナモはJOS Type B。
さすがというか、ブロックダイナモをつけても完成車重量9.24kgに仕上がっています。もしつけなかったら9kgを切って仕上がった・・・・・とのことでした。

この辺の仕上げも非常に美しいですよね。

リフレクター。

この小さな小物のリフレクターも手を抜かずJOS CBを採用しています。

アルミパイプステー(!!!)止めは1つの小さなイモネジで止めています。この部分のみ補強してあるそうです。

テールランプ。

テールランプは現在主流のLedlite。
やはり光る方が反射だけより安全性は高いですね。

例のCampagnolo Record ハブのハウジングですが、ご覧のようにVIVA アルミ製に交換されています。

エンドは少しザグッてダルマネジのステー止めを廃止しています。

タイヤはGrandbois 700×23C "Cerf"  このタイヤは今や定番になった感がありますね。ニップルは当然軽合金製です。

2007  TOEI  DEMONTABLE  Special  Lightweight  Model 仕様表