2011.7.14

フレーム tube:VITUS971  Lug: TOEI original  size:535mm  top530mm
ヘッド小物 Stronglight P3
ハンガー小物 Stronglight
シングルレバー Simplex Single
Fメカ Simplex Randonneur Rigid
Rメカ Simplex Raidexport
クランク Stronglight 39D
チェーンリング Simplex 48×30
チェーン Brampton
ペダル Lyotard ♯15
クリップ Paturaud Auto matic
ストラップ BINDA
ガード HONJO type Petitjean 650B
タイヤ Wolber Super Randonneur 650× 32B
リム MILREMO 650B 36H
スポーク DT
ハブ AlLTENBURGER LF36H
フリー CYCLO Pans 15〜24 5speed
サドル AM Special Leger
ピラー TITAN 26.4mm
ブレーキアーチ MAFAC Criterium
ブレーキレバー MAFAC
ハンドルバー MILREMO RENFORCE 400mm
バーテープ Cotton
ステム MARCEL 60mm
ベル TOP
ヘッドランプ CIBIE
リフレクター Type "URO"
ダイナモ CIBIE "type P"
ポンプ Apex Urtra Light 17'

2005  TOEI  Randonneuse

フロントビュー。ハンドルバーはミルレモレンフォース400mm。独特のカーブしたキャリアが印象的です。ブレーキレバーはMAFAC '50年代の物で、裏がフルオープンのドットマファックです。ランプはCIBIEの砲弾型。バーテープはニス仕上げになっています。

■編集後記

久々のクラシック名車アルバムです。最近はこれは!!と思うような、見かけて思わずうなってしまって見とれてしまような素晴らしいマシンと出会うのはまれになってしまって今後は多分UPの間隔は開くかもしれません。ご了承頂きたいと考えております。
今回のO氏のランドナーですが・・・・・いやもう素晴らしいマシンで''60年代ゴールデンエイジのフランスタイプとして一番美しい時期のマシンになっています。部品類も今では入手困難なものが多数を占めて一から製作するのは非常に困難になっていると思います。タイプとしてはランドナーで日帰りから1〜2泊のツーリングに適したマシンです。1つ気がついたのですが、このマシンはワイヤーケーブル類は内蔵になってなくベアになっています。それとボトル台座も省略してあってこのあたりは例のRene'HERSE' 50年代カタログのRandonneuseを強く意識したマシンになっていると思われます。オーナーの個性、こだわりや好みが強く出ていてこのあたりはやはりオーダーメイドの醍醐味ではなかと考えています。取材にあたりオーナーのO氏には全面的にご協力頂きました。この場をお借りしまして厚くお礼申し上げます。最後まで見て頂いて有難うございました。

Rene'HERSE’50年代のカタログ「ランドヌーズ」イメージそのままのマシン。TAのFバッグに合わせてガードのカーブに沿って緩やかに曲がったキャリアにこのマシンの特徴があります。カラーはブルーライトグレー。

何回かこのマシンは実車拝見していまして全体的なバランスはもちろん素晴らしかったのですが、緩やかにカーブしたキャリアが印象的で記憶にずっと残っているマシンです。アッセンブルされている部品ですが、今まで見たことも無い部品が何点かアッセンブルされていて自転車趣味の奥深さが感じられました。たとえばサドルですが・・・・・軽合ベースサドルなんですが、AM Special Legerという、非常に珍しいサドルです。TOEI写真集では分からない後ろからの写真もご覧に入れてみたいと思います。

それではオーナーのコメントです。
1960年代のフランスはパリの香りがするランドヌーズを新車でオーダーしたいと思い東叡社にお願いしました。具体的には、ダニエル・ルブールのイラスト画を参考にいろいろなアイデアを取り込み、しかも仕上げは、東叡社の端正な世界最高水準の技術で製作するという真に贅沢なハンドメイド自転車を目指しました。パーツ類も人それぞれ好みが分かれるところではありますが、全体のイメージを壊すことの無いよう十分吟味したつもりです。ほとんどのパーツに手を加え機能が最大限発揮されるよう留意しました。フレームカラーは、私が所有するエルスのタンデムと同系色としました。フレームの線引きやガードの同色ラインはとても気に入っています。最後に何かとお手数をおかけしました東叡社の皆様に大変感謝しています。

■Special Thanks: O氏

チェーンホイール。

クランクは定番のStronglight49D。リングはSimplex オリジナル、48×30T。このあたりはオーソドックスですね。

ハンガーにちらと見えているのはSimplex ベルクランクワイヤーリードですね。実際に装備しているマシンはあまり見た事ないです。

Rメカ。

通常我々が良く知っているいわゆるSimplex Juy Export61とは少し違うRaidexportというチェンジです。バリエーションの1つだと思われます。このチェンジも初めて拝見しました。

エンドはTOEI オリジナル Rene'HERSE風デザインの物。
ハブナット(クイックに見えますが)はお馴染みSimplex、白キャップの物.。
フリーはCyclo pans 15〜24 5speed。
チェーンはBrampton。


ブレーキアーチ。

MAFAC Criterium。いわゆるドットマファックの両方ネジ止めになっている昔のタイプになっています。チドリもあまり見た事無い、ごく初期のものと思われます。

ガードに引かれたフレームカラー色のラインが良い感じですよね。

サドル。

ウ〜〜〜〜ン、見たこと無い軽合ベースの"AM Special Leger"という、サドルです。'50〜60年代辺りのようで後ろにはバックループの穴も開いています。

ピラーは "TITAN"という26.4mmの径の1本ピラーになっています。
ワイヤー受け兼アジャストはCLB製クイック、見た事無いですね。

Fメカ。

Fメカはこれまたあまり見た事無い、Simplex Randonneur Rigid。ヘリコイド式と思われます。操作はRandonneur285と同じように前後にレバーを操作して行うようです。

昔、良く似たSimplex Randonneurというロッド式Fメカを持っていました。
ポンプはAPEX Urtralight 17'。

美しいヘッド付近。
チューブはフランスのSuper VITUS971。
ラグはTOEI オリジナルRene'HERSEタイプ。なおヘッドラグはヘッドチューブと一体になったものです。ヘッド小物は定番Stronglight P3。

ステムは初めて拝見した"MARCEL"というメーカーの60mm。なおクランプボルトにFキャリアを固定しています。CLBブレーキアジャスト付クイックシステムですが・・・前後とも装備してあり、初めて拝見致しました。

ハブ。

このハブはお馴染みAlLTENBURGER LF36H。昔は各色あって赤や青のアルマイト色のハブが並んでいました。小生が知っているのはクイックハブでウイングナットのものは見かけなかったです。

ウイングナットは同ALTENBURGERのものです。

ペダル。

ペダルはLyotard♯15。クリップはPaturaud Auto matic。ストラップはBINDA。

クリップのパトロードオートマチックですが、スライドしてサイズが調整可能のようです。

Fキャリアを横から。

通常のFキャリアとはフォルムが全然違います。TOP写真でもお分かりの様にガードのカーブにピッタリ合っていてTOEI社の技術の高さを伺わせます。

ヘッドマーク。

"CYCLES FRANCE"と書かれていておそらくフランスのものと思われます。フランスではヘッドバッジは土産屋などで売られていてデザインも良い物が多いようです。

この写真でCLBクイックの様子が分かると思います。

ダイナモ。

ダイナモはCIBIE Type-P。コントロール式になっていますが、クイックはTOEI製ワンオフの特別製になっています。オーナーの好みで細身のAlex SiNGERタイプにしているそうです。

ダウンチューブ部分。

"Specialite"のロゴは通常のものとは違います。
シングルレバーはSimplex。やや長いように見受けられます。

タイヤはWolber Super Rndonneur 650×32B。
リムはMILREMO 650B 32H。

ハンガー部分を左から。

Simplex Rndonneur Rigidはスマートに直付けされています。ハンガーラグはTOEI オリジナル Rene'HERSE風カットになっています。

2005 TOEI Randonneuse 仕様表