2012.8.13

デモンターブル オーダー顛末記

やはり・・・・以前から思っていた事ですが、輪行って結構メンドーですよね?(笑)この春スペインへ行って来て、近郊電車はそのまま自転車持込OKで何回も持ち込んでいる所を見かけました。さすがにAVEは駄目みたいでしたが。日本ではサイクルトレイン以外は基本的に分解しないと持ち込み出来ません。今まではガードなしのマシンで輪行していましたが、今回スペインへ行くにあたりやはりガード付の輪行ツーリングマシンも必要ではないか?と感じました。でそれ用の輪行用ツーリングマシンは持っていません。今までは車(4輪)で目的地まで行って周回コースを走るというのが大多数でしたが、スペインへ行く折に簡単に分解出来るガード付ツーリングマシンが有ったらなあ・・・と思うようになりました。で新規オーダーではなくて手持ちマシンを改造でなおかつ比較的低料金でデモンターブルに出来るというのが今回のミソで、これで自由に電車や航空機に乗って国内あるいは海外へツーリング出来るマシンが手に入れることが出来て走れる範囲も飛躍的に拡大するのでは?と考えています。海外ツーリングの場合、Carradiceのサドルバッグとキャリアーを追加装備してB&B利用、2〜3週間程度の比較的長期ツーリングも可能と考えています。今回これで・・・・素晴らしい輪行ツーリングマシンが手に入ったので・・・秋の輪行ツーリングを今から愉しみにしています。最後まで見て頂いて有難うございました。

■編集後記

タイヤはGrand Bois CerfVert 700×28C。前と同じタイヤで性能も良いし、長持ちします。

リフレクターはキムラの1番大きな38mmタイプ。アルミ削り出しで精密に出来ています。好感が持てますよね。→

ペダル。今はまだCampagnolo Recordですが、ゆくゆくはミカシマのクイックタイプにしようかな?と考えています。

ハンガー左側付近。フレームとチェンジワイヤーのジョイントが見えています。チェンジワイヤーの方は手で廻してワイヤーを分割する事が出来ます。

ハブは今回手持ちのCampagnoloスモールにしてみました。

後ろからのビュー。リフレクターはキムラオリジナル、1番大きい38mmのものです。→

今回ポンプとボトル位置を入れ替えています。

Fキャリア付近。今回キムラバッテリーランプを採用しました。LEDで明るいという評判です。さて、実際に使ってどうか・・・・・???

ハンドル部分を前から見た所。今回Fキャリアはソービッツランプ外したり台座を左右入れ替えたり大幅に手を入れています。→

ハンドル周りは以前とほぼ同じです。ワイヤー内蔵の跡は全然分かりません。

ブレーキアーチはMAFAC Competition。チドリはブレーキワイヤーとアーチワイヤーをフリーに出来るMAFAC オリジナル。ブレーキシューは全数新品に交換。これが消耗したら次はKool Stopあたりに替えようと思っています。

サドルはIDEALE♯90。 分割式に伴ってワイヤー内蔵は止めました。ベアシステムでダボ下側に割が入っています。

RDはSimplex Super LJ。輪行用としては最高のRDだと考えています。フリーはREGINA "ORO" 14〜26 6speed。チェンジアウターはフレームと干渉するのでスプリング式は止めました。→

チェーンホイール。歯数は46×40×26。今後の事を考えて選びました。

約2ケ月かかって完成した小生のTOEI  DEMONTABLE。新規オーダーでは無くて手持ちマシンの改造という方法で入手しました。

デモンターブルという車種は・・・・'70年代NC誌に載っていたので、知ってからかれこれ40年以上はなると思います。確かRene'HERSEが開発して車のトランクに格納しやすいようにと提案されたと聞いています。Rene'HERSEがデモンターブルのポーターを得意げに持っている写真は有名ですが、当時はあまり興味は無くて・・・・その時は多分、小生とは縁の無い車種かなあ・・・と思っていて新規でデモンターブルはオーダーはしませんでした。時は経ち、・・・・'94年S&S社が開発したカップリング式が登場するとこれを採用したデモンターブルがだんだんオーダーされ始めます。この方式は登場してまだ18年の新しい方式で強度は充分にあり、脱着も工具1つで出来て非常に簡単、だんだんこの方式のデモンターブルが増えて来たように思います。大きな特徴として自分がすでに持っている手持ちマシンを後から改造してデモンターブルに出来ると言う点で、小生も新規オーダーはウ〜〜〜〜ン、と考えていたのでこの方式にしました。まだ出来上がったばかりで走って無いので走行の感想はまた後日という事で今回は完成するまでの顛末記です。

■TOEI社改造依頼:2012.6.13
■完成:2012.8.12

1987  TOEI  DEMONTABLE  仕様表

リムはやはりGrand Bois で一番細い "ABEILLE" 700C  36H スポークは今やスタンダードのDT♯15。

横からのPHOTO。ガードは何年か前に枝を巻き込んで大きく曲がってしまった物を直したものです。(後)  ハブはCampagnolo SFQR36H。リムはGrand Bois700C、電装はキムラバッテリーランプLH-06Aにしています。

■完成した 小生のTOEI  DEMONTABLE

フレーム到着は2012.8.5でした。結構早かったです。早速開けて見ると・・・・・・おっ!!デモンターブルになっているぅ〜〜〜〜〜!!

TOEI社へ行ったのは2012.6.13です。
前日に700Cランドナーをハラシてフレームとキャリアのみにして輪行袋に入れて持って行きました。主な改造点は・・・

■S&S社カップリングを使用してフレーム分割式に改造
■電装はキムラ製作所バッテリー式だけにしてダイナモ、ヘッドランプ、テールランプは除去     ※Fキャリア右側にバッテリー台座取り付け

■ブレーキワイヤー内蔵はやめてベアシステムに変更、なおかつダボは割り入り
■後ろアウターストッパーは松葉型でやはり上側に割り入り
■チェンジワイヤーもハンガー上→下廻しに変更、ジョイントを取り付けて分割可能にする
■ポンプをシートチューブ、ボトル台座をダウンチューブにする。

・・・・これだけが変更点で言わなかったのですが、カーボンブラシも外してありました。
いやこれって凄くメンドーなお願いで・・・・TOEIの皆さん、有難うございました。

箱から出した所。

今回デモンターブルに改造と言うチャンスを利用して消耗部品を全部交換しようと考えました。

■ホイールは新規で組み立て  タイヤ、リム交換
■フリー歯数変更交換、チェーンも新品に交換
■ブレーキシュー全数交換
■チェーンリング アウターインナー歯数変更交換、
アウター:48→46 インナー: 28→26
■キャパシティ変更によりFD、RD交換
Huret Luxe → Campagnolo Record、Simplex Super LJ、
※FD直付け台座は除去


■組立:2012.8.11

組立は1日で終了。ホイールは前もって組んでいてチェーンホイールも新しい歯と組み換え済みでした。

ヘッド部分。カラーリングは前とまったく同じメタリックレッドです。でお約束で金線入り。

フレーム tube:Reynolds531  Original "B"cut lugs  size:605mm  top:570mm
ハンガー小物 Stronglight Competition
ヘッド小物 Campagnolo Record Strada
Wレバー Simplex Criterium
FD Campagnolo Record
RD Simplex Super LJ
クランク Stronglight49D 175mm
チェーンリング TA 46×40×26
チェーン REGINA "ORO"
ペダル Campagnolo Record Strada
クリップ Christophe
ストラップ BINDA
ガード HONJO 700C
タイヤ Grand Bois CerfVert 700×28C
リム Grand Bois ABEILLE" 700C  36H
スポーク DT♯15
ハブ Campagnolo Record SFQR 36H
フリー REGINA "ORO" 14〜26 6speed
サドル IDEALE ♯90
ピラー Simplex 27,2mm
ブレーキアーチ MAFAC Competition
ブレーキレバー UNIVERSAL
ハンドルバー NITTO ♯175 400mm
バーテープ FUJITOSHI Leather
ステム TOEI Original 100mm
ベル World Champion Tiger Bell
バッテリーランプ KIMURA Original LH-06A
リフレクター KIMURA Original
ボトル TOEI Original
ボトルケージ TOEI Original
ポンプ AD-HOC Special Course