No31

2007 65'S CINELLI Mod-B

discusさんの大変美しいCINELLI Mod-B。驚いた事にオリジナルガード付です。カラーはメタリックレッド。

CINELLIといえば・・・・・そう、'64年の東京オリンピックで一流選手は大抵この車に乗っていましたよね。当時のイタリア3大ブランド、LEGNANO、BIANCHIと共に一世を風靡したものでした。日本人で最初にCINELLIに乗ったのはあのプロレスラーの力道山だった・・・・と記憶しています。
CINELLIの特徴は有名な集合ステー、それとやはりあの有名なCINELLIラグ、Super Corsaはクラウンがあの有名なスロープになったものですが、この車はMod "B"でクラウンはフラットのものです。DE ROSAのクラウンのそれとよく似ていてそっくりですが、案外同じものかも知れません。
この車はレストアだそうですが、ロゴマークなど、オリジナルと見間違うばかりに細部に至るまできれいに仕上げられていて驚かされます。それもそのはず、ポリー2007レストア部門出品車だそうです。今では本当に珍しいオリジナルのマッドガードも装備しています。それではこの素晴らしいコンディションのCINELLI Mod-B をお楽しみ下さい。今回全面的に取材協力して頂いたdiscusさんにはこの場をお借りしまして厚くお礼申し上げます。それではオーナーのコメントです。

■作ろう(レストアしよう)と思ったきっかけ
高校生時代(1980年ごろ)にさかのぼりますが、当時のクラブの先輩の自転車(トーエイ)に魅せられ、古典レーサーを計画。いつも行っていたショップでスポルトの鉄クランクをバイト代で購入。そこからカンパを使ったレーサーを作りたいと思い、雑誌等でしか見たことの無かったカンパGSRDを探す事に、あるショップの商ケースに非売品と書かれて飾られていたグランスポルトのRDを見つけました。何度も通いやっとのことで箱入りの新品を手にしました。その後フレームをオーダーすることなく20年ぐらいの冬眠に・・・5年ぐらい前に冬眠から覚めフレームをオーダーしようか、吊るしのイタリアンを探そうか悩んで昨年12月に知り合いのところでこのフレームと出会いました。結局カンパグランスポルトのRDとスポルトのクランクから一番似合うCINELLIにたどり着いたような長い年月をかけ、パーツからはえた思い入れの自転車です。


■組み立てや部品入手の苦労話、エピソード
フレーム入手時できればオリジナル塗装で風格のある状態で乗ろうと思っておりましたが、フォークコラム付け根のロウが回っておらず、ノックピンで止っている状態でした。結局ロウ付けしてもらい再塗装する事に、ここからフルレストアが始まりました。部品の入手で一番苦労したのはやはりガードです。探してもフレームに比べ現存数が少なく状態の良いものは稀です。また出てきたところで高額であきらめておりました。ポリーに出るならと知人に譲ってもらい上村塗装でフレームカラーに塗ってもらいました。やはりフレームよりも高くつきました(笑)


■ポリー出品にあたって注意した点、(プレゼンテーションの)感想
行く前に考えていたのはこの自転車を作ろうとしたきっかけをしゃべろうと思ったのですがお歴々の方々、大先輩を前に緊張して何をしゃべったのかあまり記憶にありません。出品に際して注意した事はガードのクリアランスと、ブレーキワイヤーの出具合です。ブレーキワイヤーはすでに短く切っていましたので後の祭り、ガードはステーの長さを調整できないタイプでステーをサイドに広げ調整しました。

SPECIAL THANKS: discusさん

チェーンホイール。

クランクはCampagnolo Sport。鉄製の3アームコッターレスクランクという、ちょっと珍しいクランクです。

リングはSimplex 50T×45T。当時のレーサーはアウターとインナーの歯数差が3T〜6T程度で非常に少なかったです。


FメカはCampagnolo Gran Sport。

リヤメカ。

リヤメカは苦労して手に入れたCampagnolo Gran Sport。
アジャストのない最後に出たタイプ。鉄製のべアリング入りプーリーで走るとジャーという音がして心地よいですね。(笑)

フリーはREGINA Extra 17×18×19×21×24。
チェーンはREGINA Gran Sport ORO。

サドル。

当時のレーサーは例外なく革サドルでシーズンオフの馴らし作業が大変でした。'60年代後半あたりからプラスチック革張りサドルが出始め、これにとって変わりました。このサドルはBROOKS B15 S.SR。

ピラーはCampagnolo Record 26.2mm。

美しいヘッド付近。

チューブはColumbus、ヘッドはCINELLI Original。
ラグはお馴染みCINELLI ・ロングポイントのいかにも昔のラグ。'70年代あたりからショートポイントラグが主流になりましたよね。クラウンはMod-Bの象徴的なフラットなもの。

ステムはCINELLI No1 90mm。ハンドルバーはCINELLI♯16 Steel。鉄製のバーなんか良く見つけましたよね。かなり・・・・重いそうです。

CINELLI originalマッドガードはフレームと同じ色に塗ってあります。


ハブ。

非常に入手困難なCampagnolo Gran Sport LFQR。
3ピース構造でハブシェルはスティール、フランジは軽合です。

スポークは星♯15ステンレス。
組み方はイタリアンですね。

Fメカ。

FメカはCampagnolo Gran Sport。

今では珍しいスライド式のメカですね。
パンタ式Recordは'60年頃出てきたのでそれ以前の製品ということになりますね。

ブレーキアーチ。

ブレーキアーチはUNIVERSAL Mod.61 CP。
カンパのレコードブレーキアーチが出る前はイタリアはUNIVERSAL、フランスはMAFACなど使っていましたよね。

ガードに入ったラインがおしゃれです。

ガードに入ったCINELLLIマーク。

昔の中世騎士をイメージしてデザインされています。
マークのセンスも凄く良いと思います。

イタリアの車のマークやロゴのセンスはやはりラテンの血が入っているだけあってどれも素敵ですよね。

ヘッドバッジ。

ヘッドバッジもセンスが素晴らしいです。
日本のものは鳩目ですが、これはビス止めになっております。

日本の某工房でも似ているヘッドバッジがありました。真似されるだけあって素晴らしいと思います。

ハンドルバー。

ハンドルバーはCINELLI ♯16スティールのもの。
ブレーキレバーはUNIVERSAL。
ステムはCINELLI No1 90mm

リム。

リムはFIAMME 赤ラベル。種類としてはあと黄色がありました。
私も使いましたが、夜の無灯火で穴に落ちて曲げてしまってパー、トホホ・・・・・・・

'60年代イタリアの一般的なリムですね。

タイヤ。

タイヤはClement Paris-Roubaix。
有名なクラシックレースの名前を冠しております。

今ではクリンチャータイヤが主流ですが、昔はチューブラーだけでした。重さも太さもいろいろあって選ぶのも一苦労だったものですが・・・・・
Clementは憧れのブランドでSETA Extra なんかは到底手が出ませんでしたね。

フレーム Tube:Columbus
lug: CINELLI orijinal
size:c-c590mm  top: 590mm
ストラップ BINDA Extra Super
タイヤ Clement Paris-Roubaix
リム FIAMME
ヘッド小物 CINELLI Original スポーク hoshi ♯15
ハンガー小物 Campagnolo ハブ Campagnolo Gran Sport
Wレバー Campagnolo Record ハンドルバー CINELLI ♯16
Fメカ Campagnolo Gran Sport バーテープ fujitoshi Cotton
Rメカ Campagnolo Gran Sport ステム CINELLI No1 90mm
クランク Campagnolo Sport ブレーキアーチ UNIVERSAL Mod.61
チェーンリング Simplex 50×45 ブレーキレバー UNIVERSAL
チェーン REGINA Gran Sport ORO サドル BROOKS ♯15 S.SR
フリー REGINA Extra 17×18×19×21×24 ピラー Campagnolo Record
ペダル Campagnolo Record Strada ポンプ SILCA
クリップ Campagnolo ガード CINELLI Original

2007 65'S CINELLI Mod B 仕様表

編集後記

以前、BIANCHIの'53年モデルを取材して載せましたので当時の3大ブランドはあとLEGNANOということになります。今回は素晴らしくコンディションの良いCINELLIでしたが、いかがでしたでしょうか?やはりデザインの国だけ有って、マーク類が素晴らしいですよね。CINELLIは勿論完成車メーカーですが、部品も製造していました。バー、ステムは有名ですが、他にも靴、ペダルなんかも製造しておりました。今のビンディングペダルとほぼ同じ構造のM-71なんていう先進的なぺダルも作っていました。

'60年代の有名なフレームとしては知名度は抜群だったのでCINELLIのフレームをお手本にしたハンドメイドビルダーも数多く存在しました。
今回の車は珍しいオリジナルガード付の車になっています。私も駆け出しの頃1台だけオリジナルガード付のCINELLIを拝見させて頂いた事があります。オールカンパ、オリジナルガード付8万で友人が買いました。どんな昔やねんって聞こえそうですが、ざっと40年近く前の話です。(笑)友人はCINELLIオールカンパ、私は国産部品の片倉シルクで良く走りに行っていました。そんな昔を思い出させて頂いたdiscusさんの今回のCINELLIでしたが、いかがでしたでしょうか?今回discusさんの全面的な取材協力に感謝します。最後まで見て頂いて有難うございました。

2007.12.28