• 雨上がり

  • 面河水系 TD川

釣行時間同行者エサ
09:40~12:30なしブドウ虫

昨日、まとまった雨が降った。
アマゴと言えば「雨子」 読んで字のごとく、天気が「雨もしくは「雨の後」によく釣れる魚とされる。

最初は前回のID川の続きをやろうと思っていたのだが、途中で気が変わってTD川に場所替えをした。
なぜか急に、ここに来たくなったのだ(*^^)v


 

9:40釣り開始!

今日は雨の後なので、かなり期待していたが、サッパリ釣れません(・∀・)
アタリはおろか無銭飲食さえない(´・ω・`)



何もないまま30分経過(・∀・)

30分間も釣れない事は滅多にないので、かなりイヤになってきた(・∀・) 今日はいわゆる「反応の悪い日」だ。
ダメ元で上の写真の落ち込みを攻めてみた。
するとアタリあり!やっと1匹出ました。



リリースサイズが(・∀・)

そりゃまあ釣れないよりはいいけど・・・
今日はもう釣れないかもしれないので、写真撮影してリリースした(´・ω・`)


引き返すか?進むか?

ここから先は渓相が一気にキツくなるので、進めば川通しで帰るのが難しくなる。
今なら簡単に帰れる。今日の反応の悪さなら、進んでも釣れる可能性は低い。よって10:20一旦納竿

今日は水深の浅い所は無理っぽいようだ(´・ω・`)
最下流の堰堤で釣って、今日はやめる事にした。


 

堰堤に到着 雨後の最下流域にしては水の色はキレイである(^^)

あまり期待していないが、何匹かは釣れるだろう。
浅瀬では難しい時でも、水深のあるポイントでは魚の警戒心もそれほど強くない。
滝壺や堰堤は、初心者にもオススメのポイントです。


 

すんなり出ました。リリースサイズが(´・ω・`)

去年はここで9寸が出たので、期待したのだが残念でしたぁ~


 

ポイント移動

ここから約200mほど下流で、母川である面河川と合流する最下流域だが、渓相は源流域っぽい。


メジャー計測で18センチ

お土産にしようとしたが、どうやら卵を持っているようだ。
産卵しそこねたのか?それとも、これから産卵するのだろうか?
産卵する期待を込めてリリース(*^^)v 元気なアマゴっちを産んでください(^^)


 

納竿地点

急勾配区間の入口で納竿
ここから先は、進めば進むほど渓相がキツくなる。雨上がりで水流がキツいので、今日はやめておいたほうが無難だ。


 

ついに見つけました(^^)

ちょっと小用をしようと、奥まった所に入ると作業道のようなモノを発見(^^)
中流域に降りて行けそうな所をついに見つけました(^^)
だが、河原まで125mほどある(・∀・)
この作業道、かなりキツくて往復430mの距離で、高低差が94mも記録されていた。
降りれそうな所も傾斜がキツく、ロープがないと難しい感じだ(´・ω・`)

写真右の青いピンは、2013年5月4日の納竿地点である。
ちなみに、写真左のピンク色のピンは、道に迷わないように目印として落としたモノである。
FieldAccessは、非常に使い勝手の良い優秀なアプリだ(^^) 

怖いけれど、次回はTD川の源流域「約束の地」に行かなくてはいけない・・・
そんな気がしてきた(・∀・)
物理的にあり得ない現象が起こらなければいいなと願う私なのだ(・∀・) (←おまえ、かなりビビってるな!


本日のデータ

月日場所時間天気同行者釣果
2014/03/27面河水系 TD川09:40~12:30晴れなし5匹
竿道糸ハリスオモリハリ目印
宇崎日新東レ東レヨーヅリがまかつバリバス
プロフェッショナル紅梅 硬調釣聖0.6将燐0.3ガン玉アマゴライト見える目印
6.4m1.4mくらい0.3mくらい3号7.5号ピンク色2ヶ所
釣行距離(釣り開始~納竿まで)高低差(釣り開始~納竿まで)歩行難易度(釣り開始~納竿まで)平均傾斜角実釣難易度
未計測未計測②普通13.28°⑤超絶難度